トヨタ CESで次世代EVをお披露目

配信日時:2018年1月13日(土) 5時10分
画像ID 
トヨタ自動車はこのほど開幕した世界最大の家電見本市2018年コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)に、モバイル、物流、物販など多目的に利用可能なモビリティサービス「MaaS」専用の次世代電気自動車(EV)「e-PaletteConcept」を出展した。トヨタによると、今後は車両制御インターフェースを開示し、他社が開発した自動運転制御ユニットの搭載が可能になる。モビリティサービスプラットフォームでサービス事業者が必要とするアプリケーションプログラミングインターフェース(API)を公開する。初期の協力パートナーには滴滴出行、アマゾン、ビザハット、マツダ、ウーバーなどがあるという。「国際商報」が伝えた。

e-PaletteConceptは電動化、インタラクティブ化、自動運転などの先端技術を応用したMaaS専用の次世代EVで、モバイル、物流、物販などさまざまなサービスシーンに活用できる。(編集KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事