「歩いて5分生活圏」規則、浜海新区がユニーク計画―天津市

配信日時:2010年9月17日(金) 20時10分
「歩いて5分生活圏」規則、浜海新区がユニーク計画―天津市
画像ID  261124
17日、中国天津市の浜海新区計画・国土資源管理局は、新しく開発される住宅団地について、学校、託児所など生活に必要な施設を「歩いて5分圏」内に建設するユニークな計画を定めた。写真は天津。
2010年9月17日、中国天津市の浜海新区計画・国土資源管理局は、新しく開発される住宅団地について、学校、託児所など生活に必要な施設を「歩いて5分圏」内に建設するユニークな計画を定めた。渤海早報が伝えた。

それによると、新しい住宅団地開発に関しては、学校やスーパーから日中に高齢者を預かるデイサービスや公民館まで、生活に必要な基本的な施設を半径300−500メートル内に配置する。

環境美化に関してもルール化し、半径500メートル以内に面積1000平方メートル、1キロメートル以内に5000平方メートルの緑地、3キロメートル以内に20ヘクタール、10キロ以内の公園をそれぞれ整備する。(翻訳・編集/JX)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<