頤和園

配信日時:2006年5月8日(月) 0時9分
頤和園
画像ID  26700
頤和園(北京市、1998、世界文化遺産)
「頤和園」は、北京の海淀区西郊外に位置し、市の中心からの距離は12キロほどのところにある、中国に現存する最大の古代庭園(園林)である。
頤和園は「万寿山」「昆明湖」の二大風景区から構成されており、総面積は290ヘクタールで、そのうち水域が占める面積はおよそ四分の三に及ぶ。
園林は素朴で規模が大きく、様々な自然の景色を堪能することができる。
園内にはあずまや、楼閣、宮殿、寺、仏塔、回廊、土手、石橋など100ヵ所余りの民俗色あふれる古代建築のほか、広大な昆明湖、高くそびえる万寿山などもある。
頤和園は歴史上、かつて2度の深刻な破壊に遭っている。最初は1860年で、英仏連合軍に焼き払われ、その後修復された時、現在の名前である「頤和園」となった。2度目の1900年には、八国連合軍によって破壊されたが、1902年に修復され、現在の規模になった。
東門は頤和園のメインの入口で、バス停はここに集まっている。


その他の写真
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事