あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

会社での男女平等、中国がアジアでトップ=日本を上回る―米メディア

配信日時:2014年11月4日(火) 1時40分
会社での男女平等、中国がアジアでトップ=日本を上回る―米メディア
画像ID  48361
2日、日本や中国本土などアジアの多国籍企業を調査した結果、中国が最も男女平等を実現していると評価された。写真は中国の衣料品展示会の女性販売員と女性客。
2014年11月2日、環球時報によると、米NBCテレビは記事「職場での男女平等、アジアでは中国がリード?」を掲載した。

香港の民間非営利団体(NPO)「Open To You」は、中国本土、香港、シンガポール、インド、日本、マレーシアなどの多国籍企業34社を対象に、職場で男女が同等の地位を獲得できているかを調査した。

地位で見ると、中国企業は下級職、上級職で男女のバランスが最もよかった。中級職ではマレーシアに次ぐ2位。いずれのクラスでも2011年の前回調査より改善している。例えば上級職では2011年の20.7%から35.6%と大きく改善している。

女性が結婚後、妊娠・出産後も職場に残れるよう、中国本土では対策が進んでいる。かつて毛沢東は「天の半分は女性が支えている」との言葉を残した。ようやくこの言葉が社会に受け入れられたのではと広州で働く宋さん(29)は言う。もっとも両親や親戚は別で、帰省するたびにいつ仕事をやめるのか結婚するのかと追求されるのだとか。「(家族や親戚が)上司じゃなくて本当に良かった」と話している。(翻訳・編集/KT)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事