コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

<続報>悪いのは下請け会社?!パクリ疑惑のアニメ制作会社が弁明―中国

配信日時:2009年9月5日(土) 10時17分
<続報>悪いのは下請け会社?!パクリ疑惑のアニメ制作会社が弁明―中国
画像ID  218946
2009年9月3日、日本のアニメ映画をパクったとして問題になっているテレビアニメ「心霊の窓」を制作した柳州藍海科技有限公司は、一部カットが剽窃であることを認めた。写真は両作品の比較検証画像。
2009年9月3日、日本のアニメ映画をパクったとして問題になっているテレビアニメ「心霊の窓」を制作した柳州藍海科技有限公司は、一部カットが剽窃であることを認めた。4日、法制晩報が伝えた。

「心霊の窓」は8月より中国中央電視台(CCTV)で放映が始まった全52話のアニメ。すでに前半26話の制作が終了している。ところがネット掲示板で同作のキャラクターや構図、背景が日本の人気アニメ映画「秒速5センチメートル」とうり二つだと指摘され、話題となった。

柳州藍海科技有限公司の担当者・龍(ロン)氏は、ミスがあったことを認め、盗作問題に関する徹底的な調査を約束した。龍氏は具体的な制作は下請け企業に委託しており、最終チェックで問題を発見できなかったと述べ、下請け企業が問題行為を犯したとの見方を示唆した。(翻訳・編集/KT)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事