コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

黄砂、そして柳の綿毛…春の風物詩が汚染源!5日連続して大気汚染を観測―北京市

配信日時:2009年4月13日(月) 15時45分
黄砂、そして柳の綿毛…春の風物詩が汚染源!5日連続して大気汚染を観測―北京市
画像ID  199054
13日、北京市環境保護監督測定センターの発表によると、同市では「軽微な空気汚染状態」が連続5日間観測された。このような事態は今年に入って初だという。写真は04年春に北京で舞った柳の綿毛。
2009年4月13日、北京市環境保護監督測定センターの発表によると、同市では「軽微な空気汚染状態」が連続5日間観測された。京華時報の報道。

毎年、北京では春になると黄砂が襲来し、「柳絮(りょうじょ)」と呼ばれるシロシダレの樹木の綿毛が乱舞し、人々の目やのどを痛めている。これらはかつて「春の風物詩」などと謳われたものの、エコロジーに敏感な現代においては、まさに空気汚染源として敬遠されている。

同市では8日から5日連続で、大気の「軽微な汚染状態」を観測した。連日の低気圧や無風状態によって、地表近くの汚染空気が滞留していることが原因。昨年の五輪開催以降、大気の状態は非常に良好だった北京市。このような事態は今年に入って初めてだという。(翻訳・編集/愛玉)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事