高速道路のサービスエリアに大きめの「女性専用駐車スペース」出現、ネットで議論に―中国

配信日時:2018年1月3日(水) 20時30分
高速道路のSAに「女性専用駐車スペース」、中国ネットで議論
画像ID  679021
31日、浙江在線は、中国浙江省内の高速道路サービスエリアに設置されている「女性専用駐車スペース」が、ネット上で物議を醸したと伝えた。
2017年12月31日、浙江在線は、中国浙江省内の高速道路サービスエリアに設置されている「女性専用駐車スペース」が、ネット上で物議を醸したと伝えた。

その他の写真

12月30日、ある女性ネットユーザーが正月休みで実家に帰るため杭州と千島湖を結ぶ杭千高速道路を走行。途中の建徳サービスエリアに入ったところ、一部の駐車スペースの地面にピンク色の塗料でハイヒールのイラストともに「女性用駐車スペース」と書かれているのを発見した。女性用スペースは、一般の駐車スペースよりも1台分の幅がかなり広くなっていたという。女性として喜ぶべきか悲しむべきか分からず、結局この「女性に与えられた権利」を放棄して一般のスペースに駐車したとのことだ。

ネット上でこの件が紹介されると、ネットユーザーたちの間で議論に。「差別だ。男性ドライバーは、木にでも乗り上げとけってか」「女性ドライバーに対するあからさまな挑発」という反対意見が出る一方、「思いやりがあって素晴らしいではないか」「駐車が苦手な人にとっては大変ありがたい話」との賛同も見られた。また、女性専用ではなく初心者専用スペースにすべきとの声もある。

同サービスエリアの方宏瑛(ファン・ホンイン)マネージャーは「女性専用スペースは10月に設置したばかり。別のサービスエリアにも設置している。建物の近くに設置することで女性ドライバーのトイレ、休憩、買い物の利便性を高め、子連れの女性が長い距離を歩かずに済むようにしている。夜は照明や防犯カメラが集中しているので、安全性も高くなっている。現状、おおむね肯定的な目で見てもらえている」と語った。

また、初心者専用スペースにすべきではとの意見に対しては「それでは男性の新人ドライバーも利用できてしまい、限られた資源が占有されてしまう。現状ではやはり、女性専用にすべきだと認識している」とコメントしている。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<