早くも「駄作」のレッテル!ジャッキー・チェン最新作「機器之血」、公開2日目から評価急落―中国

配信日時:2017年12月27日(水) 11時0分
ジャッキー・チェン最新作、早くも「駄作」のレッテル!
画像ID  634613
26日、ジャッキー・チェン主演の最新作映画「機器之血」(Bleeding Steel)が公開2日目に興行ランキング1位から転落し、ネットユーザーのマイナス評価も目立っている。
2017年12月26日、ジャッキー・チェン(成龍)主演の最新作映画「機器之血」(Bleeding Steel)が公開2日目に興行ランキング1位から転落し、ネットユーザーのマイナス評価も目立っている。華夏経緯網が伝えた。

ジャッキー・チェン最新作「機器之血」は今月22日に初日を迎え、同日封切られたチェン・カイコー(陳凱歌)監督による日中合作の話題作「空海 KU-KAI」(中国語タイトル:妖猫伝)を抑え、興行ランキングでいきなりトップに立った。しかし翌23日には3位に後退し、26日のデータでは1位の中国映画「芳華」に興行収入(1日当たり)で2倍近い差をつけられている。

ジャッキー映画には珍しいSF&アクション映画として注目されていた同作だが、ネット上では「内容が陳腐でマンネリ」「SFは見せかけ」と手厳しい批判も見られ、「何かのハリウッド映画で見たようなストーリー」という声も。レビューサイト大手・豆瓣(douban)では10点満点のうちわずか5点という低評価ぶりで、「期待外れの残念な映画」として、早くも「爛片(駄作)」のレッテルを貼られている。

近年のお正月映画戦線で連続ヒットを飛ばしてきたジャッキーだったが、「機器之血」は唯一の惨敗作となる見込みも出てきた。ジャッキーは今年、中国映画界の3大市場と言われる「お正月」「旧正月」「国慶節」の時期にいずれも主演作を公開しているが、量産による疲れやずさんさを指摘する声も。今秋公開された「ザ・フォーリナー」ではアクションだけでなく演技派ぶりも見せて高い評価を受けただけに、ファンからは「評価を落とすのはもったいない」と慎重な映画作りを望む声も上がっている。(翻訳・編集/Mathilda
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<