人口問題で国難に陥る日本―華字紙

配信日時:2018年2月19日(月) 5時0分
人口問題で国難に陥る日本―華字紙
画像ID  618857
13日、日本新華僑報は、「人口ボーナスを食い尽くした日本が深い国難に陥っている」とする蒋豊(ジアン・フォン)編集長のコラム記事を掲載した。写真は日本人。
2018年2月13日、日本新華僑報は、「人口ボーナスを食い尽くした日本が深い国難に陥っている」とする蒋豊(ジアン・フォン)編集長のコラム記事を掲載した。以下はその概要。

人口が減少し続ける日本にもかつてはベビーブームがあった。戦後間もなく起きたベビーブームに生まれたいわゆる「団塊の世代」は、物が不足する困窮の中で幼年時代を過ごし、日本再興という強い使命感を抱きながら成長した。そして大人になると「企業戦士」となり、当たり前のように深夜や週末の残業をこなし、戦後の高度経済成長の原動力となったのだ。

彼らの存在により、1955年から1973年までの19年間、日本はGDP成長率10%以上を記録し続ける。世界に名だたる企業が数多く生まれ、生産活動が加速したほか、1億総中流と呼ばれる安定した社会の実現と、消費の拡大とレベルアップが進んだ。

しかし、今の少子高齢化の日本は団塊世代がもたらした「人口ボーナス」を失っており、国内の各界からは「国難」との声も出ている。厚生労働省のデータによると、2017年の日本の出生者数は94万1000人で1899年以降最低になったという。15−64歳の生産年齢人口もこの20年で1000万人減少した。

人口の現象は、農業、建築業、物流業などに深刻な人手不足をもたらしている。ロボットの導入が進む介護分野でも、高齢化による需要増に労働力が追いつかない。そして日本の支柱産業である第3次産業でも、サービス水準を保つのが非常に難しい状況だ。

労働力不足を補うべく、日本政府は「働き方改革」を提起し、女性や高齢者の雇用、企業従業員の副業を奨励。また、定年退職年齢の引き上げなどで「70歳まで現役」の社会づくりを進めている。しかし、国民の出産・育児に対する考え方が根本的に変わり、出生率が高まらない限り、日本の人口減少問題は完全解決できないのだ。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • pik***** | (2018/04/29 00:45)

    中国人を安く使えば何とかなるさ!! ※中国人よ日本人を甘く見るな!!(特に中国政府関係者)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 968***** | (2018/02/22 17:43)

    移民を増やす準備が働き方改革法(サービス残業法) 巻き添えの日本人労働者
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/02/20 10:35)

    団塊世代は功罪どっちも多過ぎてな。 経済隆盛に一役買ったと同時に、政治に無関心で自民党一強体制とその腐敗に長年一役買ってきた。 団塊の飼い犬気質は企業側からすれば使いやすかっただろうが、いざ思考停止の団塊世代が会社の経営側になった時、未来を予測できずにバブル以後の経済の停滞を引きずる事となった。 また、「自分さえ良ければ世の中がどうだっていい」と考える者もこの世代から増加している気がする。近年のリタイヤ組=団塊世代が起こすくだらんいざこざの話題は、枚挙に暇がない。 団塊世代全体を悪だと断じるつもりもないが、団塊世代に「老害」が多いのも事実だ。そして、その団塊世代がみっちり指導してきた世代があと何代か続く。 団塊世代の影響力が無くなってから、日本はようやく国難に対して臨機応変に対応できるようになるんじゃないだろうか。まあ、その頃にはもう手遅れになってる可能性が大きいが。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事