「台湾推し」のせいで中国が入国拒否!?ケイティ・ペリー、ジジ・ハディドに続き「ヴィクトリアズ・シークレット」のショー不参加―台湾メディア

配信日時:2017年11月18日(土) 20時0分
「台湾推し」のせい!?上海でのショーにモデルの不参加相次ぐ
画像ID  608004
17日、「ヴィクトリアズ・シークレット」のショーに、モデルのジジ・ハディッドに続いて歌手ケイティ・ペリーも出演できなくなったことが明らかに。「台湾推し」がその理由ではないかと報じられている。写真は17日、上海入りする出演モデルたち。
2017年11月17日、上海で行われる「ヴィクトリアズ・シークレット」のショーに、モデルのジジ・ハディッドに続いて歌手ケイティ・ペリーも出演できなくなったことが明らかに。「台湾推し」がその理由ではないかと、香港や台湾の複数のメディアが報じている。

米ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」のショーは、今月20日に上海で開催される。17日、台湾のアップルデイリーなど複数のメディアが、ショーでパフォーマンスを披露する予定だった歌手ケイティ・ペリーについて、中国への入国ビザを申請していたものの拒否されたと報道している。

米紙ニューヨーク・ポストによると、ケイティ・ペリーは中国で無期限の封殺対象になっているとのこと。その理由については、ケイティ・ペリーが15年に台湾で開催したコンサートで、台湾の国旗を手に持ったり、台湾独立運動の象徴となるひまわりの花をあしらった衣装を着たことが原因ではないかと伝えている。

なお、ケイティ・ペリーの入国拒否のニュースが報じられたのち、ヴィクトリアズ・シークレットの公式サイトでは、出演アーティストの一覧からケイティ・ペリーの名前を削除している。

今回のショーでは同じく17日、米人気モデルのジジ・ハディッドの出演も取りやめになったことが明らかになっている。こちらも理由は明らかにされていないが、ジジ・ハディッドについては今年9月、過去にSNSに投稿した動画の中で、目を細めてアジア人蔑視のポーズをしたとの批判論争が巻き起こった。中国ではショー開催を前に、ネット上でボイコットを叫ぶ声も上がっており、この影響を受けたのではないかと推測されている。(翻訳・編集/Mathilda
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事