モーテル1泊12万円!平昌五輪の地元の“おもてなし”に韓国人もびっくり=「これじゃ外国のメディアも来ないよ」「海外での韓国のイメージが…」

配信日時:2017年11月4日(土) 15時50分
モーテル1泊12万円!平昌五輪の“おもてなし”に韓国人もびっくり
画像ID  584631
1日、平昌冬季五輪の開幕まで100日となり、韓国・テレビ朝鮮が、熱戦の舞台となる地元・江原道での準備の進み具合について報じた。写真は平昌五輪会場の一つ、龍平リゾート。
2017年11月1日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開幕まで100日となり、韓国・テレビ朝鮮が、熱戦の舞台となる地元・江原道(カンウォンド)での準備の進み具合について報じた。

平昌五輪組織委員会はこのほど12の競技場の完工を宣言、大会に向け準備は着々と進められている。しかし世界から訪れる取材陣や観戦客への「おもてなし」の面では、驚きの事実が明らかになった。

スケート競技などが行われる都市・江陵(カンヌン)にあるAモーテルの価格表を見ると、一般室の繁忙期の宿泊料は「14万ウォン(約1万4000円)〜」とある。しかし実際に大会期間中の予約をするには、この最低価格の3倍以上を支払わなければならないという。関係者は大会中の宿泊料について「50万ウォン(約5万円)ほどを基準にしている。303号室(VIPルーム)のような部屋の場合は120万ウォン(約12万円)が基準」と話す。また周辺のモーテルや民宿でも団体の長期予約が優先され、個人では予約自体が難しいという問題も依然解決していない状態だ。

海外から大会を取材に訪れるマスコミも「ぼったくり料金」を避けられないという。大会期間中に冬季五輪関連施設に駐車するための駐車券はなんと526万ウォン(約53万円)。この他にも、通常1万ウォン(約1000円)ほどで買えるマルチ電源タップが80万ウォン(約8万円)、光回線のインターネット使用料は2400万ウォン(約240万円)など、驚きの価格設定がなされている。

こうした実態に、「一瞬、値段を見間違えたかと思った」「こんなぼったくり商売人はみんな駄目になってしまえ」「国際的な恥だ。五輪はあなたたちにとって詐欺を働く期間なの?」などの声が寄せられ韓国ネットは大荒れ状態。

また「これじゃ外国のメディアも来ないよ」「平昌に来た外国人の韓国のイメージは地に落ちるね」と懸念する声や、「これほどのぼったくりはさすがに国が取り締まるべきでは?」と求める声も。

2011年の誘致成功から6年。今や五輪開催を喜ぶ声はどこへやら、「家でテレビ観戦しようっと」「これを最後に二度と税金をかけた国際大会の誘致はしないでね」と冷めたコメントも目立った。(翻訳・編集/松村)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事