「日本人の素養が高いというのは本当か?これを見ればわかる」という動画を見た中国人の感想

配信日時:2017年10月19日(木) 7時50分
「日本人の素養は高いか、これを見ればわかる」という動画を見たら…
画像ID  582983
18日、中国の動画サイト・西瓜視頻にこのほど、「日本人の素養は高いとみんなが言うが本当か?これを見ればわかる」と題する動画が掲載され、ネットユーザーがさまざまなコメントを残している。写真は東京。
2017年10月18日、中国の動画サイト・西瓜視頻にこのほど、「日本人の素養は高いとみんなが言うが本当か?これを見ればわかる」と題する動画が掲載され、ネットユーザーがさまざまなコメントを残している。

動画は日本について約2分間紹介するもので、ナレーションは「日本といえば、多くの歴史的な理由から多くの人が好感を抱かないだろう。しかし、その話題を離れれば、日本の美しい景色は世界中の観光客を引き付けている」と指摘。「日本に行ったことがある人はみんな、日本人がきれい好きで、どこへ行っても掃除をしたばかりのようにちり一つないことを知っている」とした上で、日本の清潔さについて紹介している。

まず、工事中の建物にカバーがかけられていることについて、「ほこりが周囲に飛散しないようにしているほか、騒音を抑える効果もある」と解説。また、「作業員は現場に出入りする際には靴を履き替えなければならず、汚れた靴で街中を歩かないようにしている。日本の街を1日歩いても、靴が汚れることはない」などとし、その理由について「日本には床に座る習慣があるので、日本人は足元の衛生には非常に気を遣っている」と分析した。

また、街なかにあるごみ箱については「いくつかの種類に分かれていて、人々は分別して捨てている。ごみ出しは法律でも定められており、ルールを守らないと逮捕されてしまう」と説明し、人々がきちんと列に並んでいることについては「なぜ割り込む人がいないのか?日本では割り込みは犯罪で罰金や拘留が科されることもあるから」とした。日本人のルール順守には厳しい法律が関係していると解釈しているようだ。

動画は最後に、「普段はさまざまな制約に縛られている彼らが、ひとたび解放されたらどうなってしまうのだろう」と結んでいる。

これに対して、中国のネットユーザーからは、歴史問題と絡めた日本への批判も少なからず寄せられたが、「日本を批判する人は素養がない。人間は学ばなければいけない」「良いものは良い、悪いものは悪いんだよ」「海外に行くと、自国の汚さや混乱、マナーの悪さに失望する」「日本人の素養が高いっていうのは日本人が自分で言っていることじゃなくて、世界中の人がそう評価してるんだよ」「日本人の素養が高いのは争いようのない事実。世界が認めているから。侵略した日本人を恨んではいるが、こういう場所で相手に泥を塗るべきではない」など、冷静なとらえ方をするユーザーも少なくなかった。(翻訳・編集/北田
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 絶対平***** | (2017/10/19 10:06)

    「ごみ出しは法律でも定められており、ルールを守らないと逮捕されてしまう」「日本では割り込みは犯罪で罰金や拘留が科されることもあるから」←これらを読む限りスレ主も日本に来たことがないように感じた。 何でもかんでも歴史的背景に日本を絡めて色眼鏡で見てるが、「じゃぁ今の中国がチベットやウィグルなどにしてる殺戮行為は何なんだよ?」と聞きたい。またそこを採り上げ述べられるまともな人もいないというのが共産党が支配してる中国という独裁国家の姿である。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2017/10/19 09:10)

    日本に来たことある人は大抵いいイメージをもって帰る。ない人はその逆。 正しい評価をしてくれるのはいいことで、このような人が増えることを望む。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ste***** | (2017/10/19 08:39)

    「民族自決」が国家の存在理由なのかどうかはわからない。だがもし、それが正当な考え方だと仮定したら、今の中華人民共和国はいくつの国家に分かれるのだろうか。 歴史上日本が起こした対外戦争の「責任者」は神功皇后・豊臣秀吉・東条英機の3人。その全ては失敗に終わっている。片や中国はどうだろうか。有史以来漢民族はチベットを支配していたとでもいうのだろうか。 中国を侵略した日本を許せないと言うなら、中央・西アジアから東欧まで侵略した「中国」を許さないという人々がいても、彼ら中国人は甘んじて受け入れるのだろうか。私には、彼らにその覚悟があるとはどうしても思えない。つまり「自分のことは棚に上げ」てるとしか思えないのである。 彼らの行動に過去四千年に及ぶ侵略行為に対しての「贖罪」意思を感じ取ることができたとき、初めて中国を「尊敬される国家」と呼べるのではないか?
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事