インド、サッカー2023年アジアカップ招致を表明 中国と「正面対決」へ

配信日時:2017年10月10日(火) 18時10分
画像ID 
9日付メディア報道によると、インドサッカー協会が2023年アジアカップの開催地として立候補することを決定した。中国サッカー協会が早くに同大会の招致を決めていたことから、中国とインドのサッカー協会は、開催をめぐり正面対決することとなった。広州日報が伝えた。

インドサッカー協会はこのほどデリーで会議を開催し、その中である上層部が、「インドは2023年アジアカップを招致する」という情報を明らかにした。インドでは現在、2017FIFA U-17ワールドカップが開催されており、開催国であるインド代表はグループリーグ初戦で米国に0対3で敗れた。同大会開催前、インドのインフラレベルはFIFA(国際サッカー連盟)からお墨付きを得ていた。

インドのサッカーは、この2年で著しい発展を見せた。先日閉幕したAFC アジアカップU-16選手権2018予選で、インド代表は決勝リーグへの進出を果たした。また、インドサッカー協会は、2019FIFA U-20ワールドカップを招致することも決定した。今年のU-17ワールドカップ、2年後のU-20ワールドカップ、さらには2023年アジアカップと、インド・サッカーの発展計画は着々と進んでいる。

インドサッカー協会が2023年アジアカップ招致を決定する以前は、中国にとって最大のライバルは韓国だった。今回、途中で「参戦」したインドは、韓国よりはるかに手ごわい中国の強敵となった。(編集KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事