コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国大使館の祝賀行事に出席した安倍首相を強烈非難、「動機不純」「誠意欠如」―中国メディア

配信日時:2017年10月8日(日) 9時0分
中国大使館の祝賀行事に出席した安倍首相を強烈非難―中国メディア
画像ID  581532
中国メディアの新浪網は6日、安倍晋三首相の対中政策を厳しく非難する記事を掲載した。記事は安倍首相を「動機が不純」「誠意が欠如」などと評した。写真は安倍首相。
中国メディアの新浪網は6日、安倍晋三首相の対中政策を厳しく非難する記事を掲載した。安倍首相は9月28日、中国大使館が主催した日中国交正常化45周年の祝賀行事に出席したが、同記事は安倍首相を「動機が不純」「誠意が欠如」などと酷評した。

記事は、安倍首相が中国大使館の祝賀行事に出席したことについて、日本の現職首相が同種の活動に出席したのは15年来初めてと説明。国際的にも日中関係は徐々に改善しているとの見方が出たと紹介した。

記事はその上で、日中関係は雪解けの兆しが見えはするものの、実際には「改善」の語を使うには程遠い状態として、歴史問題以外に尖閣諸島の問題が日中関係の正常化と切り離せない最大の障害になっていると主張した。

記事は、安倍首相が9月28日に中国大使館で、日中の交流を増進し両国が堅実な関係を構築することは両国の国益、ひいてはアジア北東部の平和と安定に不可欠と述べたことについて、「動機が不純」とする見方が出ていることを紹介。

安倍首相が中国大使館の行事に出席したのは総選挙に臨んでイメージを良くするためとして、「口先では中国との『関係改善』を説いているが、実際にはそれに背く小細工を続けている」と論じた。

安倍首相の「誠意欠如」を示す例のひとつとしては、中国大使館の行事に出席した直後の10月4日に、米国国務省が日本の求めに応じて先進的な空対空ミサイルAIM−120C−7を56発売却すると発表したと紹介。平和な時期であるなら、いったいどうして大金を投じて空対空ミサイルを買う必要があるのかと主張した。

記事はさらに、沖縄県石垣市の中山義隆市長が尖閣諸島の字(あざ)を、現在の「登野城(とのしろ)」から「尖閣」に変更する議案を市議会の12月定例会に提出すると表明したことに触れ、「日本がもしも、本当に中国との改善を考えているならば、釣魚島(尖閣諸島の中国側通称)の問題で誠意を示さねばならない」と論じた。(翻訳・編集/如月隼人)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 寺内 ***** | (2017/10/09 00:19)

    愚劣な韓国は中国(香港含む)向け輸出がゼロになるとGDPが16%減になる。それに対し日本は中国向け輸出がゼロになってもGDPは2%~3%減程度。もちろん日本からの機械、素材、部品が止まると中国の大部分の製造業は倒産してしまうので中国向け輸出がゼロになる事はありえないが。 日本は過去にレアアースの禁輸や2012年12月の日本企業の焼き討ちを経験した。中国は今現在半年以上にわたり韓国に対し限韓令を行なっている。 中国は1ミリも信用できない国。結局のところ中国とは取引がゼロになっても致命的ダメージを受けないレベルでしか国家も民間企業も商売をやってはいけない。 中国とは一切かかわらない的な極端な事はする必要はない。しかし今程度がすでにマックスであり絶対に深入りしてはいけない。 当然AIIBに加盟してはいけないし、習近平の一帯一路にかかわってもいけない。中国との関係は「ほどほど」こそがベスト。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 絶対平***** | (2017/10/08 10:28)

    頭おかしいんじゃね? ミサイルは対北で中国関係ねぇし、尖閣の地名変更は自国領土内の事務処理上のことで、干渉されるような問題でもないはずだ。 尖閣内の住所に対しとやかく言うのなら、他に改名した地域や新しく名を冠した地域にも均等に文句を言えよ? 北京原人も段々半島ゾンビじみて来たな~。。半島特有の火病でも感染したのか?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2017/10/08 09:46)

    中華思想ここに尽きる的な記事。毎日領海侵犯されているのに隣国として儀礼を尽くしたのに感謝もない。中国は敵視しているが日本は違うよと言われて恥汗でもかいたのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する