ホンダがスーパーカブの生産を中国から日本へ―中国メディア

配信日時:2017年9月29日(金) 23時40分
ホンダがスーパーカブの生産を中国から日本へ
画像ID  580359
29日、中国のポータルサイト・新浪に、ホンダがスーパーカブの生産を中国から日本へ戻すと伝える記事が掲載された。資料写真。
2017年9月29日、中国のポータルサイト・新浪に、ホンダがスーパーカブの生産を中国から日本へ戻すと伝える記事が掲載された。

ホンダは、ロングセラー二輪車の「スーパーカブ」の生産を、中国の工場から熊本県大津町の熊本製作所へ移すことが分かった。ホンダは2012年からコスト削減のため生産を中国に移していたが、最近の円安で国内へ戻すことにしたという。しかし、これはブランドイメージのアップを図る狙いもあるとの意見もあるという。

日本での排ガス規制の強化に対応し、ホンダは約5年ぶりに全面改良した新型車を11月10日に販売するが、これを機に熊本で生産する。今回の改良では排ガスに含まれる有害物質を低減。前照灯にはLEDを採用し、デザインも現在の角張った形から丸形に変わる。

円安に加え、中国では年々人件費が上がっており、以前のようなコスト面での優位性が薄れてきている。中国からの撤退は今後も続いていくかもしれない。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アンギ***** | (2017/10/01 11:43)

    やっぱ、全ての部品が日本製でも組み立てが中国で「Made in China」とあれば引くよな。 逆に、全ての部品が中国製でも、日本国内で組み立てて「Made in Japan」だと安心する。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • たまて***** | (2017/09/30 23:20)

    国内生産に切り替えても、工場で働いてるの外国人ばかりなんじゃないの?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sya***** | (2017/09/30 22:32)

    韓国のTAHHD配置の時もそうだが、中国は政治問題を直ぐに経済で仕返しをするから、中国とはもう付合わない方が良い。日本企業はどんどん中国投資を止めて引き上げるべきだ。 中国は何もかも政府の都合のよいように数字をごまかし、需要と供給の資本主義経済の基本も理解できないから、相手にしない方が良い。 国家主席で、元首である習近平が愚かであるから、交流すべきではない。 中国には資質の高い人間はいない。宗教心もないし、形而上的考察もできないものばかりの中国人は、存在価値はない。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事