日本人が中国に長く滞在したらやめられなくなってしまう便利な生活の数々―中国ネット

配信日時:2017年9月21日(木) 8時20分
日本人が中国に長く滞在したらやめられなくなってしまう便利な生活
画像ID  579232
20日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本人がうらやむという中国の10のことについて紹介する記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国のカラオケ店。
2017年9月20日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本人がうらやむという中国の10のことについて紹介する記事が掲載された。

その一つが、「スマートフォンの修理は予約不要でその日のうちに直ること」だ。日本では何をするにも事前予約が必要だが、中国ではすぐに対応してくれる。二つ目は、「豊富な中華料理」だ。最近ではデリバリーサービスが普及し、さらに便利になった。

三つ目は、「配車アプリ」だ。中国版Uberとも言われるが、スマホ一つで手配から支払いまですべてでき、しかも料金が安い。四つ目は、「モバイル決済」だ。この点で日本は遅れており、小銭の必要がないモバイル決済は非常に便利だという。

五つ目は、「中国の企業は能力重視であること」だ。能力主義であるため、能力さえあればチャンスはいくらでも広がるという。六つ目は、「パンダがかわいいこと」だ。中国にしかいないパンダに日本人はメロメロだという。七つ目は、「中国人は親孝行なこと」だ。日本では親子関係が希薄だが、中国では頻繁に連絡して行き来がある。

八つ目は、「豪華なカラオケ」だ。中国のカラオケ店は部屋が広くて非常に豪華だ。九つ目は、「シェアリングサービス」だ。特にシェア自転車はどこでも乗り捨てることができ、便利なことこの上ない。最後は、「中国の国民総生産(GDP)は日本を超えたこと」だ。2010年に日本のGDPを超え、まだまだ成長中の中国を日本人はうらやんでいるという。

これに対し、中国のネットユーザーから「日本人が一番うらやんでいるのは、中国ではスイカを半分に切ってスプーンで食べられることだろ」「警察の作業効率がうらやましいんじゃないか?自転車を無くしても1日で見つかるんだから」などのコメントが寄せられた。

また、「中国の生活は自由だと思う。日本はルールが多すぎだし、米国は法律が多すぎだし、欧州はプライバシー権が多すぎ」というユーザーもいて、中国の生活が一番だと思っているようである。(翻訳・編集/山中)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事