中国で初めて絶滅危惧種のテングザルを輸入

配信日時:2017年9月14日(木) 15時20分
中国で初めて絶滅危惧種のテングザルを輸入
画像ID  578670
テングザルは東南アジアのカリマンタン島に生息する動物で、国際自然保護連合(IUCN)においてレッドリストの絶滅危惧種として登録されている。
テングザルは東南アジアのカリマンタン島に生息する動物で、国際自然保護連合(IUCN)においてレッドリストの絶滅危惧種として登録されている。今回中国は初めてテングザルを輸入した。インドネシアから輸入されたテングザルは、2つの群れの合計6匹で、1つ目の群れからオス1匹、メス1匹。2つ目の群れからはオス1匹、メス3匹となっている。中国新聞網が伝えた。(編集YK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事