コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

恋人は40歳年下!有名作詞家の「祖父と孫の恋」に韓国のネットユーザー驚き―台湾

配信日時:2017年9月11日(月) 16時20分
恋人は40歳年下!有名作詞家の「祖父と孫の恋」に韓国人も驚き
画像ID  578210
10日、台湾でここ数年注目されている有名作詞家の年の差交際が、韓国メディアにも取り上げられて話題になり、韓国のネットユーザーも驚きの声を上げている。写真は李坤城。
2017年9月10日、台湾でここ数年注目されている有名作詞家の年の差交際が、韓国メディアにも取り上げられて話題になり、韓国のネットユーザーも驚きの声を上げている。東森新聞が伝えた。

作詞家の李坤城(リー・クンチェン)と、40歳年下の女性との交際が発覚したのは2012年のこと。女性は李坤城の友人の娘で、当時まだ16歳の女子高生だったことから、「爺孫恋(おじいちゃんと孫の恋)」と呼ばれて話題に。翌年には女性の父親が家庭生活を妨害したとして訴え出る騒ぎにもなったが、その後は不起訴が成立している。2人の交際はすでに5年目に入り、最近では女性の妊娠説も報じられたばかりだ。

この話題を最近、韓国の芸能情報サイト・Dispatch(ディスパッチ)が、「有名作家が友人の娘を愛した」とのタイトルで報道。衝撃的な話題だけにネットユーザーの目を引き、寄せられたコメントはどれも反感や嫌悪感を示すものばかり。2人のツーショット写真を見て「祖父と孫にしか見えない」と言う人もあれば、「最近の韓国社会はおかしいと思ったら、台湾まで同じだったのか」「この女性の気持ちが全く理解できない」「女性は何かの病気だろうか?」といった多くの声が寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する
<







/body>