中国のサムスンスマホユーザー、92.8%が他ブランドへ乗り換え―中国メディア

配信日時:2017年9月10日(日) 18時20分
中国のサムスンスマホユーザー、92.8%が他ブランドへ乗り換え
画像ID  578130
10日、中国のスマートフォン市場で、韓国・サムスン電子製品のユーザーの92.8%が、中国ブランドなど他社製品へ乗り換えていることが分かった。資料写真。
2017年9月10日、中国メディアの参考消息網によると、中国のスマートフォン市場で、韓国サムスン電子製品のユーザーの92.8%が、中国ブランドなど他社製品へ乗り換えていることが分かった。

韓国国際貿易協会(KITA)の報告書によると、今年第2四半期の中国市場のブランド別携帯電話保有台数で、サムスン(4800万台)は、首位の米アップル(1億7100万台)に遠く及ばないばかりか、中国のファーウェイ(1億3200万台)、OPPO(1億2400万台)、Vivo(1億800万台)、シャオミ(6800万台)にも及ばないことが分かった。6位のサムスンは5位のシャオミに2000万台の差を付けられている。

第2四半期に中国で販売された携帯電話の6割超が、2000元(約3万3000円)未満の中低価格の端末であり、サムスン製品は現地ブランドとのコストパフォーマンス競争に押され気味だ。

再び同ブランドの製品を購入した「忠実な顧客」の割合は、サムスンは7.2%に過ぎず、OPPOやVivoの25〜26%より低い。(翻訳・編集/柳川)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 日本が***** | (2017/09/10 23:05)

    本番はこれからだよ(笑)。中国は国策で半導体事業でも本腰を入れる体制を整えている。何せ、一般企業では不可能な数兆円単位の投資をしている。これがフル稼働しだしたら、コスパ抜群のアンドロイド機が続々と発売されるだろう。オレがサムスンの社長なら、「勇気ある撤退」の準備をするけどね(笑)。頑張れサムスン(笑)!。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事