北朝鮮が核の道を歩んだのは中国の過ちか?―中国紙社説

配信日時:2017年9月8日(金) 7時20分
北朝鮮が核の道を歩んだのは中国の過ちか?
画像ID  577418
7日、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は「北朝鮮が核の道を歩んだのは中国の過ちか?」と題する社説を掲載した。写真は北朝鮮。
2017年9月7日、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は「北朝鮮が核の道を歩んだのは中国の過ちか?」と題する社説を掲載した。

文章はまず、「長年にわたって多くの国民に一つの誤解が存在している。それは『中国は北朝鮮をコントロールでき、中国の反対を顧みない北朝鮮の核保有は中国外交の失敗』という考えだ」と指摘する。この原因として文章は、「朝鮮戦争当時の北への影響力が残って当然」「両国はいずれも社会主義国」「北朝鮮を支援してきた中国には相手を納得させる力がある」といった認識の存在に言及。このような認識が「中国は北朝鮮の“兄貴分”であり、中国の外交ミスが北朝鮮の“脱線”を引き起こした」というイメージを作り出したと主張する。

これに続けて文章は、歴史的に中国が朝鮮半島に影響を与えたことは事実だとした上で、新中国と北朝鮮は“兄弟関係”ではないと指摘。「朝鮮戦争当時、中国ではなくソ連が北にとっての“政治的兄貴分”だった」とし、中国人民志願軍代表が1994年に板門店を去った後に朝鮮半島における中国の軍事的影響力は全てなくなったと説明している。

文章は、「中国の改革開放以降、両国は異なる発展モデルを示してきた」「北朝鮮は中国に頼ることなくインフラ建設や技術開発を行ってきた」などとも述べ、「中朝は平等の関係。北朝鮮は中国の力で安全上の問題を解決することを望んではいない。『核を持たない国は転覆させられる』との教訓によって核による自衛路線に進んだのだ」と指摘。「北朝鮮の原動力となったのは米韓の長期にわたる軍事圧力」「北朝鮮は早い時期にこの決意を固めており、強大になり始めた中国がその決意を変えるには遅すぎた」などとし、「現在の状況下で中国は現実と向き合い、最悪の結果になるのを避けるよう努めるべき」「日米韓は中国に北朝鮮への圧力を求めているが、これも基本的事実を考慮しないもの」と主張した。(翻訳・編集/野谷
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ただの***** | (2017/09/09 22:00)

    中華人民共和国が1964年10月16日に最初の核実験に成功したあと,国際社会がどのように中華人民共和国に対してきたかを研究し,中華人民共和国の振る舞いを真似ている要素もあるのではありませんか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2017/09/09 11:03)

    何見苦しく言い訳してんだコイツら。 中国が半島の「飼い主」だったのは李朝以降日本の統治時代を除いてずっと続いてきた事だし、現代でも親米派の韓国にすら多大な影響を与えている。「防御兵器」であるはずのTHAADを撤回させる運動を起こさせるほどには。 北の暴走は中国の「甘やかし」と、その結果中国が手綱を握っていられなくなった事が大きな要因の「一つ」だ。その他に米ロの思惑やら安倍政権の思惑なども絡んではいるだろうが。(日本は特に、北に送金している「パチ屋業界」を野放しにしている。そして安倍政権の重要なパトロンの一つがパチ屋業界) これだけ条件が揃うと、核だなんだ、戦争がどうのとかいうのも、茶番に見えてくる。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ひだま***** | (2017/09/08 23:50)

    なにが兄貴だ・兄弟だ・親子だ・・・・いつまでも一人前の大人・自立・独立独歩・独り立ちできない、まるでガキのままの幼稚な国(民族)である。    お話にならない。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事