コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

韓流女性アイドル稼業は命懸け!?少女時代が押し寄せたファンに倒され胸触られる、過去には本番中のステージで拉致未遂も

配信日時:2017年8月18日(金) 17時20分
少女時代がファンに倒され胸触られる!過去にはステージで拉致未遂も
画像ID  575540
18日、韓国の人気女性アイドルグループ「少女時代」のテヨンが、インドネシア・ジャカルタ空港で入国時に集まった大勢のファンらに囲まれ、混乱の中で体を触られるなどの被害に遭った。写真は少女時代。
2017年8月18日、韓国の人気女性アイドルグループ「少女時代」のテヨンが、インドネシア・ジャカルタ空港で入国時に集まった大勢のファンらに囲まれ、混乱の中で体を触られるなどの被害に遭った。OSENなど複数の韓国メディアが報じた。

テヨンは18日、自身のインスタグラムで「空港に大勢の人が集まって、足や体がもつれてとても危険な状況だった。実際に床に倒れたままぶるぶる震えて涙が止まらなかった」と当時の状況をつづった。この告白によれば、現地の警護員が危険を避けようと思ったのかテヨンの体を後ろから突然持ち上げたり、周りの人がテヨンのお尻や胸を触ってきたりと、「わざとやったとは思わないが、そうした行動に困惑してしまった」という。

この騒動に、韓国のネットユーザーからは「海外に行く芸能人のガードがこんなにいいかげんなのは初めて見た」「そもそも指一本触れないように警護すべきだろ」「触ってきた手に凶器でも持っていたらどうなっていたことか」「テヨンがかわいそう。元気出して。事務所が最低だな」と所属事務所への批判の声や、「警護にもファンにも問題がある。どちらもレベル未達だ」とファンに対する怒りの声が多数集まっている。

少女時代の所属事務所は同日、「今後、会社レベルでアーティストの安全問題に格別に気を配り、警護などをより一層強化する」との声明を出したが、実はテヨンの受難はこれが初めてではない。2011年、ソウル市内のロッテワールド・アイスリンク特設ステージで開かれた音楽イベントで、少女時代が公演中のステージに男が乱入、テヨンの体を引っ張って連れ去ろうとしたことがあったのだ。当時、MCを務めていた芸人のオ・ジョンテが男を取り押さえ事なきを得たが、現場を警護していたガードマンたちは、捕らえられた男を会場から追い出す働きしかしなかったという。

韓国では今回のジャカルタ騒動をきっかけにスターやアイドルの安全問題に関心が高まっており、ネットユーザーからは「人気があるといろんなことがあるね」「スターは怒っていいところだけど、相手がファンだから許してあげるのか」などため息交じりの声が上がっている。(編集/吉金
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • WA8***** | (2017/08/19 22:30)

    YouTubeのコメント欄で韓国人がインドネシア人を猿扱いしていた。 アホすぎる。 だいたい、市場規模が小さい韓国のグループが生き残れているのはこうした熱狂的な外国のファンのおかげでもあるというのに... 今回の事件は危険ではあるが海外のファンのKPOPに憧れていることにもなる。 なのに一部の熱狂的ファンの行動のみに注目し、同じファンである人々をさる扱いするようなら外国人ファンもそのうち愛想をつかしてKPOPは文字通り破滅への道を辿るだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する