コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

アーロン・クォックに間もなく第一子誕生か、今年4月に22歳下の中国人モデルと結婚―香港

配信日時:2017年8月13日(日) 19時30分
アーロン・クォックに間もなく第一子誕生か
画像ID  574790
12日、今年4月に結婚した歌手で俳優のアーロン・クォックに、もうすぐ第一子が誕生しそうだと香港メディアが一斉に報じている。
2017年8月12日、今年4月に結婚した歌手で俳優のアーロン・クォック(郭富城)に、もうすぐ第一子が誕生しそうだと香港メディアが一斉に報じている。捜狐が伝えた。

「香港四天王」の1人、アーロン・クォックは今年4月、22歳年下の中国人モデルのファン・ユエン(方媛)と結婚。この時すでにオメデタ婚ではないかと話題になっていたが、今年6月にファン・ユエンがSNS上に投稿した写真では、腹部がかなりふくらんでおり、妊娠は間違いなしと言われていた。

香港メディアによると、2人はすでに香港養和医院の最高級病室を予約済みとのこと。同病院は出産を控えたセレブや芸能人に人気が高いことでも知られ、もし最高級の病室とケアを選んだ場合、入院費用は4日間で9万元(約147万円)を下らないという。このほどファン・ユエンの母親が香港入りしたことも確認されており、出産に向けて着々と準備が進んでいるようだ。

アーロン・クォックは来月、「踏血尋梅」のフィリップ・ユッグ(翁子光)監督と再びタッグを組む最新作のクランクインを控えている。もし出産が9月になった場合、撮影を一時中断して香港へ駆け付けるのではないかと注目されている。(翻訳・編集/Mathilda
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する
<







/body>