長崎の原爆被害者、日本政府に平和憲法の順守を訴え

配信日時:2017年8月12日(土) 10時30分
長崎の原爆被害者、日本政府に平和憲法の順守を訴え
画像ID  574573
72回目となる長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が9日、長崎市の平和公園で開催された。長崎に投下された原子爆弾による被害者が同式典で、日本政府に対し、平和憲法の順守を訴えた。新華社が報じた。
72回目となる長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が9日、長崎市の平和公園で開催された。長崎に投下された原子爆弾による被害者が同式典で、日本政府に対し、平和憲法の順守を訴えた。新華社が報じた。

被害者の代表として深堀好敏さんが、政府に対し、平和憲法の順守を政府に訴え、「『平和憲法』を国是として復興したわが国が、世界各国から集めた尊敬と信頼は決して失ってはならない」と述べた。

長崎市の田上富久市長は「長崎平和宣言」を発表し、「日本国憲法の平和の理念と非核三原則の厳守を世界に発信し、二度と戦争をしてはならないという固い決意を世界に表明すべきだ」と強調した。

安倍晋三総理は、挨拶を述べたが、長崎市が原爆の被害を受けたという史実について言及せず、会場の一部からヤジが飛んだ。

同日、複数の市民団体が雨の中、平和公園近くで平和と反戦を訴える集会を開いた。長崎市の平和反戦団体に所属する加藤さんは、「歴史の悲劇を繰り返さないためにも、我々は、日本が戦争を引き起こし、侵略史を切り開いていった事実をしっかりと認識し、次の世代に伝えていかなければならない」と話した。

日本は世界で唯一の原爆被爆国である。侵略戦争を仕掛けた日本ができる限り早く降伏するように、米軍は1945年8月6日に広島、9日には長崎に原子爆弾を投下した。長い間、日本は第二次世界大戦中に原爆の「被害者」となったことについてはアピールしてきたが、原爆投下に至るまでの歴史背景について話題にすることはほぼなかった。

日本の現行憲法は、第二次世界大戦で敗戦したのちに制定された。憲法9条には、「戦争放棄」および「戦力不保持」が明記されていることから、「平和憲法」と呼ばれている。日本の改憲派は、これまでずっと憲法改正を図り、現在に至っている。(提供/人民網日本語版・編集KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 968***** | (2017/08/12 13:51)

    憲法と核兵器の関係は? 平和は武力の裏づけが在ってこそ維持できる事もわからない馬鹿は多い
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本が***** | (2017/08/12 11:15)

    戦争のない平和な世界を願うのは、世界中の人々と同じ。では、平和を維持するのに、無抵抗で裸の王様状態でいいのか?。簡単な話、自分や自分の家族を犯罪者から守るために、普段自分はどう準備しているのか当てはめて考えてみればよい。無防備、無抵抗では家族を守れないことが理解出来るだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • grp***** | (2017/08/12 11:01)

    古典的なプロパガンダ記事だな。 なぜか自国の政府だけを非難し、核兵器で周辺諸国を恫喝する中国や北韓には何も言わない長崎市長、「市民団体」という仮面を被って慰霊のための式典を妨害する極左活動家、そして、それを喜々として宣伝に利用する人民日報。残念ながら現実は醜い。 もし中国で国家主席が出席する式典で野次を飛ばしたらどんなことになるか、よく考えてみた方がいい。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事