コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

韓国政府関係者の性犯罪事件相次ぐ、今度は駐エチオピア大使に強姦容疑―中国メディア

配信日時:2017年8月5日(土) 11時50分
韓国政府関係者の性犯罪事件相次ぐ、今度は駐エチオピア大使
画像ID  573909
4日、環球網は記事「韓国外交部、駐エチオピア大使による部下への性的暴行を認める」を掲載した。韓国外交部は調査の結果、暴行は事実だったと認定し、キム大使の訴追を求めた。写真はエチオピア。
2017年8月4日、環球網は記事「韓国外交部、駐エチオピア大使による部下への性的暴行を認める」を掲載した。

韓国のキム・ムンファン駐エチオピア大使による女性職員への性的暴行容疑について、韓国外交部は調査の結果、暴行は事実だったと認定し、キム大使の訴追を求めた。キム大使が複数の女性職員に性的暴行を行った容疑が取り沙汰されていたほか、エチオピア大使館所属の韓国人男性外交官が女性職員に性的暴行を働いたとして、7月に罷免されている。

韓国・聯合ニュースは7月21日、キム大使の容疑について報じていた。7月8日に女性職員を自らの住宅に連れ込み、夕食後に性的暴行を行ったという。プライバシーに属する問題だけに両者の身分は公開せず、行政府職員とだけ発表。特別観察団による調査を実施してきた。

韓国で在外公館に駐在する外交官による性犯罪事件が起きたのは今回が初めてではない。昨年9月にも、駐チリ外交官が現地の未成年の少女にセクハラ行為をする映像が現地メディアによって公開され、大きな波紋を呼んだ。 (翻訳・編集/増田聡太郎)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事