中国が軍事的台頭の開始を宣言、解放軍の軍事パレードに海外メディアが注目―中国メディア

配信日時:2017年7月31日(月) 15時40分
中国の軍事的台頭が開始した、解放軍のパレードに海外メディアが注目
画像ID  573176
31日、環球時報は、内モンゴル自治区で行われた中国人民解放軍設立90周年の軍事パレードに関する海外メディアの報道を伝えた。資料写真。
2017年7月31日、環球時報は、内モンゴル自治区で行われた中国人民解放軍設立90周年の軍事パレードに関する海外メディアの報道を伝えた。

30日付のロシア紙ブズグリャドは「パレードには1万2000人の軍人が参加し、飛行機100機あまりを含む600点余りの装備が登場した。登場した兵器の40%は初お目見えだった。最も注目されたのは、初めて披露された最新の東風−31Aシリーズ大陸間弾道ミサイル。その射程距離は1万キロメートル近い」と伝えた。

米CNNは「最も注目を浴びたのは、最新世代の殲−20ステルス戦闘機。米軍のF−22やFー35戦闘機の潜在的なライバルになる」とし、香港・嶺南大学の専門家が「殲−20が実戦に投入できるようになった証拠。中国空軍は近隣国の空中戦力を超える優位性を持つことになる」と解説したことを紹介している。

香港・東方日報は「2015年の戦勝70周年パレードからわずか2年で行われたにもかかわらず、半数の装備が初登場だった。専門家は、解放軍の軍備更新サイクルが非常に速いことが分かるとしている」と伝え、韓国・聯合ニュースは「実質上、中国が軍事的台頭の開始を宣言した」と報じた。

ロイターは「長きに渡る陸戦型で強大な集団を作り、質より量で勝とうとしてき解放軍のスタイルが、質と効率を重視した科学技術集約型へと根本的な変革を遂げた。精鋭戦力を主体とする統合作戦力が形成されつつある」と論じている。(翻訳・編集/川尻
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 日本が***** | (2017/07/31 21:01)

    北朝鮮といい、中国といい、ミサイル技術の向上が急速に進んでいる。日本は島国だから安全などと勘違いしてはいけない。今やミサイル1発で都市機能を完全麻痺させることだって可能な時代。よく、「これにかこつけて、軍備を拡張するのが狙い。」などと言う、特定の日本人や、反日国家が必ず騒ぎ出す。だったらお聞きするが、自分の家の周りに、危険な凶器を持っている怪しい人物がうろちょろしだしたらどうしてるの?。オレなら家族を守るために、必要な防犯器具の設置やら警察に巡回強化を依頼するなどの行動をとるけどね。それとも、家族に危害が及んでもやむ無しと、何もしないのかい?。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事