中米包括経済対話がワシントンで開催

配信日時:2017年7月21日(金) 17時40分
画像ID 
第1回中米包括経済対話が19日に米国ワシントンで開催された。汪洋副総理が米側のムニューシン財務長官、ロス商務長官と共に議長を務めた。人民日報が伝えた。

汪副総理は「中米包括経済対話制度の構築は、習近平国家主席とトランプ大統領による『マー・ア・ラゴ』会談の重要な成果であり、中米関係発展の大勢を把握したうえでの重大な決定だ。中米は互いに最大の貿易相手国、及び重要な投資国であり、協力が双方にとって唯一の正しい選択だ。世界第2、第1のエコノミーである中米の良好な協力は、両国の企業及び国民に幸福をもたらすだけでなく、世界にも恩恵をもたらす」と表明した。

米側は「米中首脳会談での合意に基づき設けられた包括経済対話制度は、両国間の経済・貿易関係を促進する重要措置だ。世界第1、第2のエコノミー、及び世界経済成長の先導者として、米中は広範な利益を共有する。連携して努力し、双方の利益の最大化を促し、両国間の経済・貿易関係のより公正で均衡ある持続可能な発展を後押しするべきだ」と表明した。

双方は中米間の貿易・投資、経済協力100日計画及び1年計画、世界経済とガバナンス、マクロ経済政策と金融業、農業などの議題について踏み込んで議論し、広範な共通認識にいたった。

双方は今回の対話の最も重要な成果として、中米経済協力の正しい方向性を確立したこと、つまり協力・ウィンウィンを二国間経済・貿易関係発展の基本原則として、対話・協議を溝を解決する基本的方法として、重大な経済政策についての意思疎通の継続を対話・協力の基本方式として堅持することを挙げ、今後の協力の強固な土台が固められたとした。

双方は、互いの努力で中米経済協力100日計画は重要な進展を得て、両国間の経済・貿易協力に新たな原動力を与え、中米経済関係の発展に対する人々の信頼を強化し、中米経済協力に「モデル」を提供し、模範を示したとの認識を示した。

双方は、経済協力1年計画の実施について議論。マクロ経済政策と金融、貿易協力、投資協力、世界経済ガバナンスの面で協力を実施し、早期収穫を目指すことで一致した。双方は実務・互恵の原則に基づき、協力の実施過程で1年計画をさらに充実させ、整備し、両国経済に安定した予測可能な協力枠組を提供することで一致した。

双方は貿易赤字縮小のために建設的協力を行うことで一致し、▽サービス業の協力分野を拡大し、サービス貿易のパイを共に大きくする▽相互投資を拡大し、より開かれた公正で透明かつ円滑な投資環境を創造する▽ハイテク製品貿易の促進で一層努力する▽産業協力水準を高め、製造業の互恵協力を後押しする▽マクロ経済政策の意思疎通と調整を強化し、金融規制・監督と金融市場発展分野の実務協力を深化する▽G20など世界経済ガバナンスのプラットフォームでの協力を強化し、国際経済・金融体制改革を推し進め、世界経済の強固で持続可能かつ均衡ある包摂的成長を促進する――とした。

双方は今回の対話について、革新的・実務的・建設的対話であり、両国の経済協力に関わる大局的、長期的、戦略的議題について議論するとともに、産業界の注目する具体的問題に焦点を合わせ、理解の深化、相互信頼の増進、共通認識の拡大という目的を達成し、双方が長期的で安定した協力をさらに繰り広げるための強固な土台を固めたとの認識を示した。(編集NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事