なぜ日本のコンセントは湿気で漏電しないのか?そのひと工夫に「こんな簡単なことも中国にはできない」―中国ネット

配信日時:2017年7月6日(木) 14時10分
なぜ日本のコンセントは湿気で漏電しないのか
画像ID  569864
5日、中国のポータルサイト・今日頭条が、なぜ日本のコンセントは湿気でショートや漏電しないのか、その理由について分析する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2017年7月5日、中国のポータルサイト・今日頭条が、なぜ日本のコンセントは湿気でショートや漏電しないのか、その理由について分析する記事を掲載した。

記事は、中国南方は湿度が高く、コンセントの差込口が結露して急にブレーカーが落ちるのはよくあることだと指摘。しかし、日本も同様に湿度が高い気候であるにもかかわらず、ショートや漏電はほとんど発生しないという。

その理由について記事は、日本のコンセントの差込口は、その取り付け場所に応じて結露しやすい場所には「防水の差込口カバー」を使用しているからだと分析。原理は簡単で、普通のカバーの上に特殊なスポンジ状のクッションをかぶせているため、結露の影響を受けないのだと紹介した。

また、別の方法として特殊な塗料を使用した差込口カバーを使用しているとも紹介。この特殊な塗料で結露や水が染み込むことを防ぐことが出来、記事は、このような簡単な措置で結露によるショートは防げると伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーからは「簡単なことと言うが、なぜその簡単なことが中国にはできないのだ?」「日本は科学技術に思いを傾けているが、中国はいかにして役人となり女遊びをするかに思いを傾けている」などのコメントが寄せられた。

また、「中国国内のコンセントも、輸出基準では結露でショートしたなんて聞いたことがない」「どんなに良い設計で完璧な機能でも、国内の99%の作業員は適当に取り付けるから無駄になる」との指摘もあった。コンセントの差込口の中のような普段見えない所にもきちんと工夫を凝らすことが、中国にとっては難しいことのようだ。(翻訳・編集/山中)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<







/body>