コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

日本人による中国留学の秘話!―第1回「忘れられない中国留学エピソード」各賞受賞者が決定

配信日時:2017年7月4日(火) 17時0分
第1回「忘れられない中国留学エピソード」各賞受賞者が決定
画像ID  569741
日中国交正常化45周年記念・第1回「忘れられない中国留学エピソード」を主催する日本僑報社は7月3日、厳正な審査の結果、各賞受賞者を決定した。
日中国交正常化45周年記念・第1回「忘れられない中国留学エピソード」を主催する日本僑報社は7月3日、厳正な審査の結果、各賞受賞者を決定した。

同社が中国留学に関する作品を募集するのは初めて。募集発表から応募締切まで約45日間ときわめて短期間であったにもかかわらず、応募総数延べ93本、留学先の大学・学校は延べ52校で中国のほぼ全土にわたる多様さが見られた。

入選作は、国交正常化45周年に合わせて原則として45作品とし、さらに入選作から1等賞10本、2等賞15本、3等賞20本を選出した。いずれもかけがえのない留学体験に基づいた力作、秀作ぞろいで甲乙つけがたく、選考にあたっては主催者側の各審査員も大いに頭を悩ませたという。

その中でも上位に選ばれた作品は、(1)「忘れられない中国留学エピソード」というタイトルにふさわしく、具体的かつ印象的なエピソードが記されたもの、(2)テーマ性、メッセージ性のはっきりしたもの、(3)独自の中国留学体験から、読者に勇気や希望、感動を与えてくれたもの――などの点が高く評価された。

主催者は、入選作45本と、さらに特別寄稿2本(衆議院議員・近藤昭一氏、参議院議員・西田まこと氏の作品)、特別掲載1本(故・幾田宏氏の作品)の計48本を1冊の作品集としてまとめ、中国側読者も考慮して日中2カ国語版として年内までに刊行する予定。

また、副賞として1等賞の受賞者10名は、駐日中国大使館主催の「一週間中国旅行」に招待される。2等賞と3等賞の受賞者には、それぞれ2万円相当と1万円相当の日本僑報社の書籍が贈呈されるという。(編集/北田)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する