ロンドンの高層マンション火災、韓国では「第二のセウォル号事故」と報道=韓国ネット「他人事じゃない」「どの国でも似たようなことが起こるんだね」

配信日時:2017年6月15日(木) 14時50分
英国の高層マンション火災、韓国では「第二のセウォル号事故」と報道
画像ID  567007
14日、韓国・ニュース1は、英国ロンドンの高層マンションで発生した大規模な火災について「第二のセウォル号事故」だと伝えた。
2017年6月14日、韓国・ニュース1は、大規模な火災が発生した英国ロンドンの高層マンションで、かねてから住民らが何度も火災の危険性を警告していたにもかかわらず、当局と所有主の対処が不十分であったことを報じ「第二のセウォル号事故」と批判した。

英紙「ガーディアン」によると、火災が発生したグレンフェル・タワーの住民会「グレンフェル・アクション・グループ」は、昨年11月に火災の危険性を警告した抗議文を出し、「高密度な設計のため、火災が発生した場合に深刻な結果につながりかねない」と警告していたことが分かった。警告は過去にも長期間にわたって何度も出されたが、無視され続けているとの批判の声も上がっていたという。

同マンションでは2013年にも配線問題から火災が発生したため、住民会は劣悪な安全環境を立証する証拠資料を残すべく安全調査をしようとしたそうだ。しかし実際には調査は行われず、管理会社はこの事実を隠そうとし、所有主もテナントとオーナー間の法的問題の調査を拒否したという。

また住民会は、マンションの安全設備がほぼ「放置」状態であったとし、「ここ20年間、管理会社から火災安全指針をもらったことがない。火災が発生した場合は家にいるようにという指示を受けたこともあった」とも主張している。

韓国ではこの「火災発生時に家にとどまるように」との指示が大きな注目を集めている。14年4月、沈みつつあった旅客船セウォル号で「客室に待機」の指示が出され、多くの犠牲者を出していたためだ。ニュース1のほか他のメディアも「火災が発生したら家にいろ?ロンドン火災は“英国版セウォル号”になるのか」「ロンドン火災は“第二のセウォル号”」「ロンドンマンション大火災 英国版『じっとしていろ』が波紋」など、セウォル号事故と結びつけた見出しで火災を報じた。

また、韓国のネットユーザーからも「まるでセウォル号」「指示にきちんと従うと助からないんだね」「確かにセウォル号沈没事故と似てる」「完全にセウォル号と一緒じゃないか。どこの国でも似たようなことが起こるんだな」などセウォル号との類似性に同意する声が数多く上がっている。

記事にはその他、「英国のような先進国でもこんなことが起こるとは。最近はヘル(地獄のような)ロンドンだね」「英国も安っぽい国になった」と英国を批判する声や、「今後の対応がセウォル号とどう違ってくるか見てみよう」との意見、そして「他人事じゃない。韓国の高層マンションも警戒心を持つべき」「韓国の高層マンションだってヤバい」と警鐘を鳴らすコメントも寄せられた。(翻訳・編集/松村)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<