韓国がトランプ大統領に準備した4兆円分の贈り物に、韓国ネットは否定的「それだけ貢いで何を得ようと?」

配信日時:2017年6月30日(金) 20時20分
韓国がトランプ大統領に準備した4兆円分の贈り物に、ネットは否定的
画像ID  564671
29日、米国を訪問中の韓国の文在寅大統領と米トランプ大統領による初の米韓首脳会談を通じて、韓国から米国へ総額352億ドル(約3兆9400億円)の投資が行われることが明らかになった。写真は米ホワイトハウス。
2017年6月29日、米国を訪問中の韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米トランプ大統領による初の米韓首脳会談を通じて、韓国から米国へ総額352億ドル(約3兆9400億円)の投資が行われることが明らかになった。韓国・ファイナンシャルニュースが伝えた。

報道によると、文大統領の訪米に経済使節団として同行した52の韓国企業が今後5年間、総額128億ドル(約1兆4300億円)の対米直接投資に乗り出す。大韓商工会議所によると、直接投資の内訳は米国現地での工場設立、生産設備の拡充、将来技術の開発への研究開発(R&D)投資、買収合併(M&A)などさまざまだ。

直接投資のほかにも、2021年までに天然ガスや航空機分野など総額224億ドル(約2兆5500億円)規模の米国製品購入など、総額352億ドル(約3兆9400億円)の投資を行うことが決められたという。

韓国の大手財閥「SK」は2020年から年平均18億ドル(約2000億円)規模の米国産液化天然ガス(LNG)・液化石油ガス(LPG)の大規模導入を、韓国の石油会社「GSカルテックス」は昨年に続き今年も1億1800万ドル(約132億円)規模の原油を導入する予定。民間発電会社「GS EPS」も2019年から20年間、年60万トン(2億2000万ドル=約246億円)の天然ガスを直接輸入する計画。韓国の中堅財閥「LS」は電気銅(電解により陰極に析出した銅)原料である銅精鉱(銅製錬に用いられる原料)とLPGを33億5000万ドル(約3750億円)相当購入する計画だ。

また、大韓航空が属する財閥「韓進(ハンジン)」は今年から2023年まで、102億ドル(約1兆1400億円)規模のボーイング航空機50機を追加購入する計画だ。

この状況を受け、記事は米国への投資を韓国からの「贈り物」と表現し、「トランプ政権にプレゼントすることになった」と伝えた。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「これだけ貢いで何を得ようというの?」「米国に工場を造って、韓国よりも人件費のメリットがあるのかな?」「多くの企業を引き連れて行くのは大統領のプライドのため」「政界では、反米と親米に分かれて対立しているけど、結局はアメリカの言いなり」など、米国への莫大(ばくだい)な投資に否定的な意見が多く寄せられた。

また、「米国への投資もいいけど、国内投資はどうするんだ」「国内にこれだけの投資をしたら、若者の失業者もだいぶ減らせるだろうに…」など、国内投資もすべきとする意見もみられた。(翻訳・編集/三田)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2017/07/01 19:20)

    >記事は米国への投資を韓国からの「贈り物」と表現し、「トランプ政権にプレゼントすることになった」と伝えた 投資と贈り物はまったく違う。銀行に貯金しても、いずれ引き下ろせるから、プレゼントしたことにはならないはずだ。どうして国内に投資しないかと言うと、それは本当にプレゼントになるからだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事