コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

韓国の大学教授、日本の雑誌から「まるパクリ」で著書発行か=「創造性のない韓国の現実」「日本を悪く言いながらまねばかり」―韓国ネット

配信日時:2017年5月15日(月) 13時20分
韓国の大学教授、日本の雑誌から「まるパクリ」で著書発行か
画像ID  563316
14日、韓国メディアによると、日本の雑誌記事からの盗作疑惑が持たれていた韓国・釜山の国立大教授の著書が全数調査されることになった。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。
2017年5月14日、韓国・聯合ニュースなどによると、日本の雑誌記事からの盗作疑惑が持たれていた韓国・釜山(プサン)の国立大教授の著書が全数調査されることになった。

疑惑が持たれている教授(64)が所属する釜山の釜慶(プギョン)大学は14日、疑惑解明のため行った予備調査の結果を公表した。これによると、2010年と14年に出版された同教授の著書2点について日本の月刊誌の内容と比較したところ、文章だけでなく、図表、絵、写真まで盗作だった事実が確認されたという。大学側は結果を受け、教授の著書90点すべてについて本調査を行う方針を明らかにした。

韓国の出版業界関係者は「この教授は年に16冊を執筆したこともある。実際に執筆したのであれば非常に素晴らしく尊敬に値することだが、これまでの状況からすると盗作が疑われる」と全数調査を求めてきていた。一方、被害を訴える日本の雑誌社は、教授に対する訴訟に向け準備中としている。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「盗作は本だけ?論文も盗作では?」「盗作は他人の知識を奪う窃盗行為だ」「こんな教授から学ぶ学生がかわいそう」「偽者の教授から何を学ぶんだ?」「もはや大学は知識人の殿堂ではなくなった」「国立大学の教授に対しても定期的な評価制度を設けて、資質のない者は追い出せ」など、盗作を行った教授への厳しい意見が多く寄せられた。

その一方で、「私が大学生の頃も、教授や助手は日本の書籍を参考にしていた」と、参考資料として日本の書籍が以前から用いられていたとする意見もあった。

また、「創造性のないコピーキャット(模倣者)コリアの現実」「日本を悪く言いながらまねしてばかり。日本がなかったらどうなっちゃうんだ?」と、自国を卑下する声もあった。(翻訳・編集/三田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事

<







/body>