パクチーの好き嫌いは遺伝子が関係?中国でも好み分かれる

配信日時:2017年12月29日(金) 20時50分
パクチーの好き嫌いは遺伝子が関係?中国でも好み分かれる
画像ID  563198
29日、中国メディアの環球時報が、パクチー好き嫌いは遺伝子と関係があると伝える記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はパクチー。
2017年12月29日、中国メディアの環球時報が、パクチー嫌いは遺伝子と関係があると伝える記事を掲載した。

米国の遺伝子解析サービス「23andMe」のデータによると、パクチーが嫌いな人は、人間が持つ嗅覚受容体遺伝子 のひとつである「OR6A2」の変異と関係していることが分かった。この変異により一部の人はパクチーを「石鹸のにおい」だと感じるのだという。

研究者によると、この遺伝子に変異のある人は、パクチーの香りについて石鹸のほかにも「生肉」、「虫」、「化粧品」のにおいと同じように感じるという。統計によると、パクチーのにおいが嫌いな人は全人口の4〜14%に達する。

これに対し、中国のネットユーザーから「パクチーを食べる人こそ変態だ」「パクチーを見ると気分が悪くなる」という意見がある一方で、「パクチーは必需品でしょう」「食事の時にはいつもパクチーを多めで頼んでいる」とのコメントが寄せられ、中国でもパクチーに対しては好き嫌いが分かれているようである。

ほかには、「子供のころはパクチーが大嫌いだったけど、大人になったら大好きになった。遺伝子が変わったとでもいうのか?」という指摘や、「私のDNAはパクチーを受け入れられるというのは幸せなことだったんだな」というユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • たまて***** | (2017/12/29 21:24)

    パクチーとかって、本来は嫌いなのが普通なんじゃないの? 自然界に於いて苦味とか渋みは『毒』と認識されるが、物心が付く前から食物として取り入れてるからそれが毒ではなく調味料して認識され、それを受け入れられるようになってくるんでしょ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事