コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

<在日中国人のブログ>あのころ中国人は日本に憧れ手本としていた…、私の記憶の中の「日中関係史」

配信日時:2017年5月13日(土) 11時30分
あのころ中国人は日本に憧れ手本としていた…
画像ID  563006
今年は日中国交正常化45周年の節目だ。半世紀以来、中国人の対日感情はいつみても波瀾万丈である。ある意味で、中国人一人一人の記憶の中に独特な「日中関係史」がある。そして、私の自分なりの記憶の中の「日中関係史」を語ってみたい。筆者提供。
今年は日中国交正常化45周年の節目だ。半世紀以来、中国人の対日感情はいつみても波瀾万丈である。ある意味で、中国人一人一人の記憶の中に独特な「日中関係史」がある。そして、私の自分なりの記憶の中の「日中関係史」を語ってみたい。

70年代末から80年代中期まで、中国の改革開放がスタートした時期に日本の映画・ドラマ・音楽が中国に輸入された。その時に多くの中国人が初めて日本文化に接触する機会を得た。日本の指揮家・小澤征爾も中国を訪問し、彼の不思議な風采および交響曲が大勢の中国人を魅了した。

高倉健、山口百恵など日本の役者が中国で大人気となった。中国人が日本のスターに夢中になっただけでなく、日本の映画・ドラマの映る資本主義の生活ぶりに非常に憧れていた。「精神文明と物質文明と共に発展せよ」とは政府のスローガンだったが、あの時代の中国人にとって、「精神」でも「物質」でも、日本は良い手本である。

80年代初頭、商船会社に勤めていた父が、毎年2、3回日本の横浜など港へ出かけた。ある日、父が三洋の白黒テレビを持って帰った。そのテレビは子供だった私にとって、魔法のようなものだった。その時代、中国ではテレビはぜいたく品だったのだ。その後、さらに父は日立のステレオテープレコーダーを買った。日本のレコーダーで台湾のテレサテンの歌を聴くのは、当時最高のぜいたくであったと言える。

もう1つ、当時の学校の地理の先生が授業中に世界地図の中の日本を指して冗談半分で「ここは小日本だ」と言っていたことが心に残っているエピソードだ。さらに「日本は小さな国だが、すごい国だ。科学技術のレベルは中国よりかなり高い。私は日本のカメラを愛用しているよ」と教えてくれた。

「80年代の日中の友好的な感情が今日まで続くことができたらいいな」と、今になっても私は時々そう思う。残念ながらその後は、国の間の利益の争いや政治的な原因で国民の感情が操られているようであった。

1990年代以後、中国では役人腐敗・社会格差など問題が深刻になっていた。同時に、各地で「愛国教育基地」が続々設立された。愛国主義教育は反日教育ではないけれども、抗日戦争記念館は重要な愛国教育基地の1つである。抗日映画・ドラマがどんどん放送されていた。90年代中期以後、中国人は日本に対する感情が冷ややかになって、多少敵対視していた。

90年代中期、故郷のある新聞に「日本人と結婚してはいけない」というタイトルの文章が掲載されたことを私は克明に覚えている。1人の女性作家が書いたもので、文章の趣旨とは「日本人は歴史認識さえはっきり示していない。歴史を否認する日本人がたくさんいる。人間としてよくない。だから、日本人と結婚してはいけない」というものだ。今思うと、それは失笑ものの内容だったのが、その時代には通用する考え方だ。

21世紀の初頭、ちょうど中国経済が高度成長にあたる時期、日中関係は海上の波のように変化が激しかった。「政冷経熱」という言葉が日中両国の実態で生まれた。日中間で経済交流が活発化するにつれて、人の流れも加速してきた。その時期、中国人の対日感情が最も複雑になっていて、インターネットの普及によって大都市では若者を中心に日本のファッション・ポピュラーカルチャーにますます関心を示す一方、国民感情が政治に影響されやすい傾向が顕著だった。

日本製品は信頼するが、歴史と政治問題では日本を懐疑し、経済力は日本を追い抜いたことからもたらされた高揚感など、これらの複雑な感情を抱いたまま、中国人が日本旅行を始めた。2010年代に入ってから、日本のマスコミで「中国富裕層」という言葉がしばしば使われ、「爆買い」も流行語になった。

知人の中に確かな「中国富裕層」の人物がいる。彼は90年代から年に2、3回仕事や旅行のために日本へ来る。「90年代に初めて日本に来た時、銀座がまるでフェアリーランドのような存在であった。十数年後、再び銀座をみたら、普通だった。上海より古いし、中国がすでに日本を追いついた、という感じだね。時代が変わったね」と語っている。彼の話から、裕福になった中国人の晴れ晴れとした気持ちや意気揚揚とした様子が垣間見えた。

昨年から、中国人観光客の訪日観光が「爆買い」からディープな旅行に変化しているようだ。最近、ある中国旅行サイトの編集者から相談があった。「東京6時間旅」という旅行プランを立てたいと言われた。個人旅行者に対し、「東京散歩」を1日案内するというもので、旅行者が東京の細部まで味わえるとても面白い旅だ。

現在、日本人と中国人の間には、まだ感情や情報面でへだたりがあることは否定できないものの、旅を通して中国人が日本を認識しようとしている。外国に対し、政府のスポークスマンが怒っても、国民が怒る必要はない。自分の目で世界を見て、自分の心で物事を判断する。それこそ本当の意味で人生が豊かになると私は思う。

余談だが、父が90年代初頭以後、仕事の異動で日本へ来られなくなった。父の記憶の中の日本は80年代のままだ。すなわち中国人にとって最も憧れの「日本」であるに違いない。「札幌のゆりかもめがきれい」「横浜の人がやさしい」…。時代が変わっても、父がいつもこういうふうに日本を回想している。もし、今70代の父が再び日本に来たら、どういう印象を受けるだろうか。

■筆者プロフィール:黄 文葦
在日中国人作家。日中の大学でマスコミを専攻し、両国のマスコミに従事。十数年間マスコミの現場を経験した後、2009年から留学生教育に携わる仕事に従事。2015年日本のある学校法人の理事に就任。現在、教育・社会・文化領域の課題を中心に、関連のコラムを執筆中。2000年の来日以降、中国語と日本語の言語で執筆すること及び両国の「真実」を相手国に伝えることを模索している。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2017/05/13 15:42)

    日本も中国も政治屋に投げっぱなしにしておくと、「友好」ってものすら政治ショーの小道具だからね。 日本のネトウヨに相当する中国の「憤青」ってのは、友好的だった時代の後に生まれた世代が主軸だ。 日本は中国と違って政治屋が「おおっぴら」に煽ることはしないが、右翼政治屋を操ってる日本会議みたいなカルトなんかがその役割を担ってる。 それに対して、中共政府はあからさまだ。抗日ドラマを量産し、学校教育でも「現在の」日本に対する憎しみを植え付けてきた。 改革開放で歪を金で無理やりねじ伏せてきた中国の発展は内部に様々な不満を生み、それを解消するための人身御供として日本を選んだ。 安倍首相の唯一の功績とも言える「日中共同歴史研究」も、日中共に広く流布される事無く、ネトウヨや憤青は、無軌道に互いの憎しみを国民に植え付けるために日夜国民を煽っている。 いがみ合うのもそろそろ疲れてこないかな? 無意味な事なんだけど
    このコメントは非表示に設定されています。
  • たまて***** | (2017/05/13 12:54)

    >中国人が日本のスターに夢中になっただけでなく、日本の映画・ドラマの映る資本主義の生活ぶりに非常に憧れていた。 ソ連崩壊の一因になったのもこれだ。 国内の不満を解消するためにアメリカのスラム街の狭いアパートの映像をテレビで流した。元々の趣旨は反資本主義で、アメリカの貧富の差を批判するもので弱者が如何に虐げられているかを流す予定だったが、それを観た国民は窓の外に干された下着の多さに驚いた。当時のソ連では下着すら貴重品で数少ない物をボロボロになるまで使って居たのに、アメリカでは貧困層の人たちまでが自分達よりも裕福な暮らしを目の当たりにした。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事