韓国で若い世代の「火病」患者が急増、その原因は?=「無駄なプライドのせい」「日本の静かな田舎で暮らしたい」―韓国ネット

配信日時:2017年4月19日(水) 9時10分
韓国で若い世代の「火病」患者が急増、その原因は?―韓国ネット
画像ID  559898
17日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、一般的に中年女性に多くみられるとされていた「火病」が韓国の20〜30代の若い世代で急増している。写真はソウル。
2017年4月17日、韓国・ファイナンシャルニュースによると、一般的に中年女性に多くみられるとされていた「火病」が韓国の20〜30代の若い世代で急増している。

「火病」とは韓国の民間で使われている病名で、胸に何か詰まっているような感覚とともに息苦しくなったり気分が落ち込んだり、急に怒りが表に出たりするのが主な症状だ。適切な治療をしなければうつ病にまで至るとされている。

医療費の適正使用を評価する韓国の行政機関・健康保険審査評価院によると、火病治療のために韓方病院を訪れた20〜30代の患者が、2011年の1867人から16年には2859人と、5年間で53%増加した。特に20〜30代男性の場合、11年の387人から16年には846人と2倍以上に増加している。

記事によると、若い世代の火病の主な発症原因は、就職・結婚・職場生活などの過度のストレスだという。江東慶熙(カンドンキョンヒ)大学韓方病院の関係者は「最近、就職・結婚・出産・マイホーム・人間関係などを放棄する(諦める)『5放世代』でも足りず、夢と希望まで放棄する『N放世代』と呼ばれる造語が登場した」とし、「20〜30代の青年たちは、主に仕事や学業に対する負担を感じることで火病を発症し、将来への不確実性と相対的剥奪感から来る心の葛藤を強く訴えている」と説明した。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは「無駄なプライドのために他人の目を気にして生きて行かねばならないことが病気の原因」「若者を家畜扱いする社会が火病の原因だ」「健康診断を受けたら、ストレス性血尿だって言われた。まだ30代前半なのに…」など、火病の原因を指摘する声や、「20〜30代だけじゃなくて、国民全体が火病だ」「韓国人だったら『火病』は誰でも持っている持病」など、火病は若者だけの病気ではないとする意見が寄せられた。

また、「精神的な健康を得るにもお金が必要ということ」とする意見や、「日本の静かな田舎で暮らしたい」とする声もあった。(翻訳・編集/三田)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ste***** | (2017/04/20 00:54)

    しっかし・・・ 静かな田舎で暮らしたい っていうのは解る。 でもなんで 日 本 なんだ? 朝鮮半島にだってのどかな田園風景はあるだろう。 まぁ道路が舗装されてないとか、あちこちでがけ崩れや道路陥没が放置されてるとか、自動販売機もコンビニもスーパーマーケットもレンタルビデオ屋もないとか、祭や花火みたいに村中総出で楽しみを分かち合うこともないかもしれんが・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 1***** | (2017/04/19 11:13)

    ファビョ~ン!! 原因は <・ドイツで人類のゲノム解析やってる大学教授の話 朝鮮民族は近親相姦の物と思われるゲノム上の痕跡(修正不能)が多すぎて、他の民族では考えられない異常な近親相姦を、民族として繰り返してたと思われる。> 結果が この記事。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2017/04/19 09:19)

    > 20〜30代だけじゃなくて、国民全体が火病だ はい、その通りです。世界中で知っています。発症率に差はあっても潜伏率は100%です。 迷惑ですので日本で暮らそうなんて考えないでもらいたい。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事