東野圭吾ブームが止まらない!「容疑者Xの献身」に続き、ドラマ化計画も登場―中国

配信日時:2017年4月17日(月) 22時20分
東野圭吾ブームが止まらない!「容疑者Xの献身」に続きドラマ化も
画像ID  559793
16日、ミステリー作家・東野圭吾氏の人気が高まる一方の中国で、また新たに作品が映像化されることが明らかになった。写真は映画「嫌疑人X的献身」より。
2017年4月16日、ミステリー作家・東野圭吾氏の人気が高まる一方の中国で、また新たに作品が映像化されることが明らかになった。網易が伝えた。

中国では08年に「容疑者Xの献身」が出版されて以来、東野圭吾氏の作品が次々とベストセラーに。特に昨年は「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が出版社や書店の売上ランキングで1位を獲得したほか、「容疑者Xの献身」(中国語タイトル:嫌疑人X的献身)が映画化され、「東野圭吾イヤー」と呼ばれるほど盛り上がりを見せた。

この「容疑者Xの献身」に続き、新たな作品の映像化が明らかになった。このほど北京で行われた制作会社・天悦東方文化公司の戦略発表会で、「ゲームの名は誘拐」のドラマ化が発表された。15年にヒットした映画「滾蛋[口巴]!腫瘤君」(Go Away Mr.Tumor)のハン・イエン(韓延)監督がプロデュースする。

また、游族文化伝媒公司もミステリー短編集「あの頃の誰か」のウェブドラマ化を明らかにしている。8編からなるこの作品だが、1編につき3話を費やし、全24話となる予定。年内にもクランクインするという。(翻訳・編集/Mathilda
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<