コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

韓国キャンプ族の止まらないマナー違反に不満噴出=「金を払えば何してもいいのか」「国民性が後進国だから仕方ない」―韓国ネット

配信日時:2017年4月16日(日) 17時30分
韓国キャンプ族の止まらないマナー違反に不満噴出
画像ID  559309
13日、近年、韓国の都会に住む人々の代表的なレジャーとして定着しつつあるキャンプで、自分勝手な行動から他人に迷惑を掛ける人が増加し、キャンプ場のあちこちから不満の声が上がっている。資料写真。
2017年4月13日、近年、韓国の都会に住む人々の代表的なレジャーとして定着しつつあるキャンプで、自分勝手な行動から他人に迷惑を掛ける人が増加し、キャンプ場のあちこちから不満の声が上がっている。韓国日報が伝えた。

キャンプ愛好家らが選んだ「非常識キャンパー」は多岐にわたる。大韓キャンプ協会の関係者によると、遅くまで酒盛りをしたり騒いだりして周囲に迷惑を掛ける事例が代表的で、最近ではさらに音楽や映画のボリュームを上げて、隣にいる人たちの会話や睡眠を妨害する人も増えているという。その他にも、製氷機やコーヒーメーカーなど「ラグジュアリー」なキャンプ道具を持ち込んで制限ある電気をすべて使い果たし、夕方のキャンプ場を真っ暗にした人たちもいるとのこと。

時間貸しのキャンプ場で指定の撤収時刻を守らず、定刻に来た次の利用客ともめるグループも多い。また子どもと一緒に訪れた親たちが若者カップルの行き過ぎたスキンシップに不満を抱く一方で、若者らはキャンプ場内を走り回る子どもの面倒を見ない親たちに不満を抱いている。

ごみや火元の片づけなどのマナーの悪さからキャンプ場の管理人らも心を痛めており、キャンプの専門家らは「キャンプの本質を考え、空間を共有できる姿勢が必要」と強調している。

報道を受け、韓国のネットユーザーからは「成熟した市民意識は1日や2日では完成しない」「金を払えば何してもいいと思ってる。恥ずかしい」「国民性が後進国だから期待もしない」「国民性がこれでは国は何も変わらない」「そのくせ民主主義を叫ぶ。国民性が二重人格のようだ」と市民意識や国民性を非難するコメントや、「学校の道徳科目で試験ばかりしてるから基本がなってない」「しっかりしようぜ、韓国。教養を備えよう」と教育に警鐘を鳴らすコメントなど、さまざまな声が寄せられている。

一方で、「キャンプしたいのなら、リビングにテントを張ってベランダで肉を焼いたら?」「徹底して取り締まって過料を徴収すべき」と提案するコメント、「キャンプなんて面倒だし行く気しないな。僕ならリッチにホテルで過ごす」「テントがぎっしり並んでるキャンプ場のどこがいいのかな?」とキャンプ自体に疑問を投じるコメントも寄せられた。(翻訳・編集/松村)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事