コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国、ごみ問題解決へ「宣戦布告」、46都市で生活ごみ分別を強制―英メディア

配信日時:2017年4月10日(月) 9時20分
中国、ごみ問題解決へ「宣戦布告」、46都市で生活ごみ分別を強制
画像ID  558828
8日、中国政府はこのほど、北京市を含む46都市に対し、2020年までに生活ごみの分別を住民に強制させるよう指示したが、困難が予想されている。写真は北京のごみ捨て場。
2017年4月8日、環球時報によると、ロイター通信は7日、中国政府が4月に入り、北京市を含む46都市に対し、20年までに生活ごみの分別を強制させるように指示したと報じている。

人口2200万人の北京市は、中国でごみの排出量が最も多い都市で、16年は10年前の約2倍の870万トンのごみが出ている。北京市は20年までに生活ごみの完全回収を目指し、ごみ処理問題の改善と一般家庭から出る生活ごみの分別への予算を大幅に増やす計画だ。だが困難が予想されている。

北京市は10年に、ごみ分別を指導する人員2万人を用意した。だが住民の意識を向上させることは難しかった。関係者は、罰則もなく奨励するだけにとどめたためだとしている。今回の中央政府からの指示を満たすには、指導員がさらに5万人必要になるとみられている。

ごみ焼却率は過去10年で4倍の42%にまで向上したが、焼却場は依然不足しており、郊外には違法投棄されたごみが山のように市を取り囲んでいる。古紙や空容器、電子機器など、ごみの分別と回収は主に手作業に頼っているが、生活水準の向上に伴い、その担い手が減りつつある。

北京市はごみ処理に年11億元(約177億円)もの予算をかけている。業界関係者は、予算の多くはごみの埋め立てに使われているのが現状であり、住民の間にはごみの分別を行うことに対して懐疑的な見方をする人が少なくなく、人々に習慣づけるにはある程度の時間が必要だと話している。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 乌鸦嗒***** | (2017/04/10 09:55)

    中国も最近は変わってきたのか.... 数年前は、ごみのない日本のキレイな街路を見た観光客が、 日本人は脅迫神経症だとか病的な潔癖だとかやゆしていた。 分別も、資源のない小日本は苦労している、いじましくし みったれたことをしていると半ば笑っていたものだ。 それが、日本は憎いが学ぶところはある、に代わり、自国 の便所の臭さをなんとかしようになり、一点豪華なハイテク 便所を作ってみせた。最近は、温水洗浄便座にするより、 トイレ文化を学ばなければどうしようもないと言い出して いる。 訪日してその差は巨大だなどと痛くプライドを傷つけられ、 発奮している手記もたくさん出されているが、なにかが足り ないのだ。肝心な何かが....
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 西宮の***** | (2017/04/10 09:26)

    ゴミに対する意識を向上させなければ、国がゴミ対策に底入れしても徒労に終わる。最も大切なことは、教育だ。幼稚園、小学校で教育すること、家庭での親の教育が大切。しかし、中国では、親がごみを平気で捨てるので、子供が真似をする。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事

<







/body>