コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

習近平主席、トランプ大統領に1日に3度試される―米メディア

配信日時:2017年4月8日(土) 0時20分
習近平主席、トランプ大統領に1日に3度試される
画像ID  558764
7日、米華字ニュースサイト多維新聞は、米フロリダ州パームビーチで6日始まったトランプ米大統領と習近平中国国家主席の首脳会談について、「習氏はトランプ氏に1日に3度試された」と題する記事を掲載した。資料写真。
2017年4月7日、米華字ニュースサイト多維新聞は、米フロリダ州パームビーチで6日始まったトランプ米大統領と習近平(シー・ジンピン)中国国家主席の首脳会談について、「習氏はトランプ氏に1日に3度試された」と題する記事を掲載した。

今回の訪米で、習氏はトランプ氏に3度試された。まずは米軍によるシリアのアサド政権に対する初攻撃だ。米海軍は地中海の艦船からシリアの空軍基地に巡航ミサイル「トマホーク」を59発発射した。習氏の米国到着に合わせて発射命令のタイミングが綿密に練られた。中国の指導者に指導力を誇示することが目的だったからだ。北朝鮮問題での中国の対応に対するけん制でもあった。

次に習氏を空港で出迎えたティラーソン米国務長官の態度だ。同長官は習氏到着後の声明で、中国との「新たな大国関係」には触れなかった。長官は北朝鮮問題で中国が影響力を発揮すること、経済関係では自国の労働者の権利保護を優先すること、ネット攻撃や人権問題を回避しないことなどを強調した。

さらに、トランプ氏は会談後「(習氏とは)長い時間話し合ったが、今のところ何も得られていない。まったく何も。しかし、われわれは長期的にみれば友好関係を構築できるだろう」と語った。トランプ氏の「心の声」ともいえるだろう。こうして習氏はトランプ氏に「3度試され」、心理的なプレッシャーをかけられたのだ。(翻訳・編集/大宮)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • sya***** | (2017/04/08 10:41)

    アメリカの貿易赤字のメカニズムを知らないトランプ大統領。 20世紀の歴史を知らず、当事者能力がないのに、「抗日戦争勝利記念日」に行う軍事パレードを恥ずかしげもなく行った教養無しの習近平。 どちらも薄っぺらい人間同士に事を任せざるを得ない現代は、地球規模でさまよい歩くしかないようになってきた。 日中戦争の事では、多くの人が書いているが、日中戦争は台湾に逃げた蒋介石の国民党政権との戦いで、中国共産党は毛沢東以下延安の洞くつに逃げていた。それにもかかわらず、戦勝国気取りで、大口をたたいて、北京の工場等を止めて、交通も止めて、青空を演出してまでパレードをした恥知らず、それが習近平なのだ。 歴史を知っているものは「阿保か!!」と軽蔑しているのを知らない習近平。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ack***** | (2017/04/08 09:53)

    米国を舐め切っていた習にも、プーチンにも、北朝鮮にも、 「指導力、実行力、即効性」 すべてにおいて、前政権とは全く違う事を示せたと思う。 それぞれが、次にどう出るか見ものだな。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事