国家一級保護動物のイルカを街中で解体?当局が調査に乗り出す―中国

配信日時:2017年3月31日(金) 17時20分
国家一級保護動物のイルカを街中で解体?当局が調査に乗り出す
画像ID  557859
31日、澎湃新聞によると、中国広東省珠海市の街中でイルカが解体されたとの情報をめぐり、漁業当局が調査に乗り出した。写真はシナウスイロイルカ。
2017年3月31日、澎湃新聞によると、中国広東省珠海市の街中でイルカが解体されたとの情報をめぐり、漁業当局が調査に乗り出した。

この情報を中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に投稿した「珠海同城会」は3枚の写真を掲載しており、これには発砲スチロールの箱に入れられたイルカの頭やその他の部分、男性2人が刃物を使って解体している様子が捉えられている。専門家によると、解体されたのは口の部分の長さや体の色からシナウスイロイルカの子どもとみられるという。「海のパンダ」とも称されるシナウスイロイルカは中国の国家一級保護動物に指定されており、野生生物保護を目的とした国際条約「ワシントン条約(CITES)」の対象にもなっている。(翻訳・編集/野谷
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<