中国が「海上交通安全法」大幅改正へ、違法外国船の退去に法的依拠―香港メディア

配信日時:2017年2月16日(木) 7時30分
中国が「海上交通安全法」大幅改正へ、違法外国船の退去に法的依拠
画像ID  544928
15日、中国は30年以上前の1984年に施行された「海上交通安全法」の大幅な改正に着手しており、規則や規定に違反した外国籍船舶を退去させる法的依拠を有することになる。写真は山東省の莱州港。
2017年2月15日、中国は30年以上前の1984年に施行された「海上交通安全法」の大幅な改正に着手しており、規則や規定に違反した外国籍船舶を退去させる法的依拠を有することになる。香港・大公網が伝えた。

中国国務院法制弁公室が14日公表した同法の修訂草案の意見募集稿では、中国の管轄海域内で違法な航行、停泊、作業など8つの状況にある外国籍船舶に対し「緊追権」を行使できること、中国の内水や領海で法律法規に違反した外国籍船舶を退去させることができること、中国の内水または領海に未許可または未報告で進入した外国籍船舶や海上設備に対し、中国海事管理機構が30万元(約500万円)以上50万元(約830万円)以下の罰金を科すことができることなどが盛り込まれている。

上記の外国籍船舶には軍用船舶は含まれない。意見募集稿では、外国籍軍艦に関する規定は第34条にあるだけで、「中国政府の許可を得て中国の内水や領海に入る外国籍軍用船舶が、国務院の交通運輸主管部門が定めた引航区に進入もしくは同区域から離れる際は、引航の申請が必要であること、中国はこれら船舶を強制的に引航すること、それには引航区内での航行と停泊も含まれる」とされている。(翻訳・編集/柳川)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mas***** | (2017/02/19 11:59)

    「中国の管轄海域内で違法な航行、停泊、作業など8つの状況にある外国籍船舶に対し「緊追権」を行使できる…」 いよいよ東シナ海~南シナ海の実効支配を目論む法整備を始めたな。 あとは国際海洋法上の「公海」とされる海域を武力をもって実効支配するだけ。 自治区の名のもとに近隣小国を飲み込んだのと同じやり方を今度は海で繰り広げるつもりだ。「一帯一路」の本質は大東亜共栄圏の覇者を目指す「中華思想」そのもの。 貪欲な地面師詐欺集団国家。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 絶対平***** | (2017/02/16 08:34)

    いや、公海は国際海洋法が適用されていて、勝手に変えて良いものではない。ましてや国連の常任理事国が破ったらこの上ない恥だぞ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • com***** | (2017/02/16 07:40)

    違法外国船は取り締まっても 中国籍の違法操業船は取り締まらないのね
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事