韓国主要企業の研究開発投資、伸びる日本と対照的にしぼむ一方=「危険な状況」「これでも韓国は日本を無視するのか?」―韓国ネット

配信日時:2017年8月23日(水) 5時40分
韓国主要企業の研究開発投資、伸びる日本と対照的にしぼむ一方
画像ID  543956
21日、韓国・中央日報が、韓国の10大企業の売上高に対する研究開発(R&D)費の割合が今年に入り大きく減少したと報じた。写真は韓国。
2017年8月21日、韓国・中央日報が、韓国の10大企業の売上高に対する研究開発(R&D)費の割合が今年に入り大きく減少したと報じた。

同紙が韓国の売上高上位10社の上半期の事業報告書を分析した結果、サムスン電子、LG電子、ポスコ、起亜(キア)自動車、GSカルテックスの5社の研究開発の割合が減少していることが分かった。現代(ヒュンダイ)自動車・現代重工業は、前年同期と同等だった。 R&Dの割合が増えたのは石油・化学大手のSKイノベーション、自動車部品大手の現代モービス、LGディスプレイの3社にとどまった。

企業別にみると、サムスン電子が韓国企業の中で最多の7兆9362億ウォン(約7600億円)をR&Dに投資していたが、同社の売上高に占める投資割合は7.1%で前年同期(7.5%)から0.4ポイント下落した。同社の年間投資割合は2015年7.4%、16年7.3%と、継続的に低下しているという。

中央日報は「注目すべきは、R&Dに投入した費用がいかに多くの成果を出したのかを示す『開発費資産化』指標がますます悪くなっている点」と指摘する。開発費資産化は、産業財産権のような製品量産のための源泉技術を確保したことを意味し、今後の成長の可能性を判断する指標として用いられる。サムスン電子の今年上半期の開発費資産化の割合は2.5%で、前年同期(5.9%)の半分以下に下落、現代自動車、ポスコでもこの割合は下落傾向にあるという。

韓国の現状を日本と比較すると、その違いが際立つ。このほど日本の大手紙が日本の主要268社の今年のR&D予算を分析した結果、日本企業の4割が過去最大規模のR&D予算を執行していたと報じた。トヨタ自動車は今年、前年比1.2%増の1兆5000億円を投入する。一方、現代・起亜自動車の今年上半期のR&D費用は合計で1兆7000億ウォン(約1600億円)にとどまった。トヨタと現代・起亜の昨年のR&D投資は1兆375億円に対し4兆ウォン(約3800億円)と大きく差が出ており、今後この差はさらに広がる見通しだ。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「企業のR&Dの意志と投資意欲が国家発展の原動力」「研究開発は奨励しなければならない」「今は最も研究開発を活発にすべき時期なのに危険な状況だ。今からでも投資を増やす方法を探そう」など、積極的な投資を望む声が多く寄せられた。

また、「これでも日本を無視するのか?韓国以外に日本を無視する国は世界のどこにもないのでは?」「確かに、日本には自然科学分野のノーベル賞受賞者も多くいるね」など、日本に関連した意見もみられた。(翻訳・編集/三田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ぷっぷ***** | (2017/08/23 10:19)

    >これでも日本を無視するのか? 無視なんかしてないよな。こっちばっかりみて悔しがり、そして乞食のようにたかる。 本当に無視しろ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 絶対平***** | (2017/08/23 09:00)

    日本や米国から技術をパクれなくなった韓国の企業は、もう日本人技術者を高額でヘッドハンティングするしか道はなくなってきてた。しかし、それをも浮ついた技術者が枯渇し始めて開発が進まなくなっているのが現状のようだ。 基本技術も核心技術もないから、応用技術を丸パクりして製品化、それを廉価で市場に出すことで日本の市場を奪い利益を上げて来た韓国の基幹企業だが、それもそろそろ終焉を迎えそうだ。 それは、根本的にイノベーションする背景を持っていないからの一言に尽きる。付け焼刃で開発費を多く投資するということは、幹部のポッケがより膨らむだけということ。即ちR&D予算なんてサムゲタンとトンスル代に消えてるのだろう。国内のメチャクチャな判決をする裁判所を見れば、税務署の職務内容もどんだけザルなのか想像に難くない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事