トランプ氏「中国製品に45%の関税」公約実行なら中国の対米輸出額は39%減―韓国シンクタンク

配信日時:2017年1月31日(火) 10時30分
トランプ氏「中国製品に45%の関税」なら中国の対米輸出額39%減
画像ID  543135
30日、トランプ米大統領の公約通り、米国が中国製品に45%の関税をかけると、中国の対米輸出額は39.1%減少するという分析が出された。資料写真。
2017年1月30日、韓国・聯合ニュースによると、トランプ米大統領の公約通り、米国が中国製品に45%の関税をかけると、中国の対米輸出額は39.1%減少するという分析が出された。ロシアの通信社スプートニクの中国語ニュースサイトが伝えた。

韓国の民間シンクタンク、現代経済研究院が29日発表した報告書によると、中国の対米輸出単価が1%上がれば輸出量は0.93%減少する。これを基に、米国の輸入関税率が15%になった場合、中国の対米輸出額は、2012〜15年の中国の平均対米輸出総額を基準にすると11.2%(427億ドル=約4兆8555億円)減少する。関税率を30%に上げると、輸出額は25.1%(956億ドル=約10兆8710億円)減り、トランプ氏の公約通り関税率が45%になると輸出額は39.1%(1490億ドル=約16兆9433億円)減るという分析だ。

近年、米国の中国製品に対する反ダンピング関税措置、相殺関税措置が増えている。12〜14年には年間5件だった規制措置が、15年と16年にはそれぞれ12件、8件に増加した。

報告書では、このような状況でトランプ氏の公約通り関税率が上げられれば、中国の対米輸出が減り、中国の国内総生産(GDP)の伸びもさらに減速し、韓国経済にも悪影響が及ぶだろうと指摘している。(翻訳・編集/柳川)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 赤帽子***** | (2017/02/01 17:58)

    あんなめちゃくちゃやってるトランプを支持している国民が半分もいるらしい。 全くアメリカには良心というものがないのだろうか? 保護貿易をやっても自国に優秀な製品が無ければ困るのは自国民自身だと思うのだが、いっそ鎖国でもすればいいのに。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2017/02/01 15:12)

    中国で工場を持つ、もしくは中国企業に委託生産する企業多いだろうに。 今のアメリカ企業はデザインだけ本土で決めて、生産はほぼ外国に任せているのに、 生産拠点をアメリカ本土に戻すことになると、人件費、社会保障費、税金などで企業が持たなさそう。 トランプのような商人はとんでもないスキャンダルで、クビになりそう。 今既に、独裁、所有企業との融着等が芽を出している。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2017/01/31 15:07)

    これ、報復されること覚悟の上なのかな? 同様に、中国が輸入する米国産物に大幅課税するとばかりは限らないけど、中国がただ黙って指を咥えてるとは思えないんだけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事