日本の小型ロケット開発の背後には弾道ミサイル計画がある!?―中国メディア

配信日時:2017年1月20日(金) 11時40分
日本の小型ロケット開発の背後には弾道ミサイル計画がある!?
画像ID  542128
9日、中国メディアの光明網が、日本の小型ロケット開発の背後には弾道ミサイル開発計画があると主張する記事を掲載した。
2017年1月19日、中国メディアの光明網が、日本の小型ロケット開発の背後には弾道ミサイル開発計画があると主張する記事を掲載した。

記事は、1月15日にJAXAが小型ロケットSS―520を発射したことを紹介。今回の発射は失敗したと発表されたものの、業界関係者によれば、日本の関連技術は相当成熟しているという。

この件に関して記事は、小型ロケットは主に商用で使用されるものの、明らかに軍用にも転用できる潜在力があると指摘。日本はここ数年で大型のM―Vロケット、中型のイプシロン、そして今回の小型ロケットSS―520と、軍用に転用できるロケットを次々と開発しているとした。

特にイプシロンについては、開発段階から日本政府から簡素な地上設備での打ち上げや、打ち上げ時間の短縮、移動に便利なサイズを求められており、これは商用とはあまり関係がないため、「ロケット開発の真意はいったい何なのか、懐疑的にならざるを得ない」としている。

記事はまた、日本国内で核兵器や弾道ミサイルを保有すべきとの声が高まっており、安倍首相や稲田防衛大臣なども、これまでの明確な否定から「あいまいな態度」に変化していると分析。日本の軍事界でも少なからぬ人が、自衛隊が弾道ミサイルを保有すれば技術的には中国の脅威に対抗するだけの能力があることを論証しているとした。

結論として記事は、核原料の備蓄量が最も多い国の1つで、しかも世界でも数少ない独立したロケット開発ができるほど技術力のある日本に対して、国際社会は心の準備をしておく必要があると主張。いつの日か日本は、政策の文言をいくつか変えるだけで、すぐにでも弾道ミサイル家族の仲間入りをするかもしれないと、警戒心を示した。(翻訳・編集/山中)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 秀真く***** | (2017/01/23 02:42)

    だいたいこれ、もう同型ロケット4機目だぞ打ち上げ・・・反応遅すぎるっつーの。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ken***** | (2017/01/22 09:58)

    議論が荒くてダメダメ。 まず技術をどこに持っているのか? 自衛隊が持っているのではなくて宇宙開発機構が持っているのだからそこは直結ではない。 安全保障上の危機になれば動員されるのだろうが手続は必要。 次に核武装については、目の前に中華民族の復興なんて迷惑なお題目を掲げた侵略国家がいるのだから、机上の可能性の検討くらいは政府内でやっているのが普通の神経。 但し日本人の核兵器に対するヘイトは強烈で、核武装を公式に検討すれば政権が国民の支持をたちどころに失う状況はまだ存在する。従って日本政府は今のところ自分で核武装するよりアメリカとの同盟で核抑止力を確保する方針。疑う余地なし。 今日頭条は相変わらず阿呆。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2017/01/21 02:58)

    計画がある!? も何も、原発無くさないのとロケット技術磨いてきたのはその為だよ。 ただ、核抑止力としての核武装は、そう遠くなく時代遅れになるかもね。 データリンクとアビオニクスの発達、そして何よりレールガンが実用化されれば、核ミサイルなんてコスパ最低の兵器を装備する必要はどこにも無くなる。そして、日本は現在この兵器を開発中だという話がある。 レールガン自体は大質量の砲弾を撃ち出すのには向いてないし、艦載砲にでもすれば攻撃兵器にも転用できるものの、広範囲攻撃に向く兵器ではない。また、ミサイルと違って弾体は安上がりだし、理論値でしか無い話ではあるが、光速の近似値まで加速が可能だ。発射→着弾の時間差が極めて小さくなるから、弾道弾迎撃に、これほど適した兵器もない。 どうせ兵器に金をかけるなら、欠陥品のオスプレイより、こっちに金かけて欲しいもんだね。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事