「世界は戦争に近づいている」米英仏で6割超―中国メディア

配信日時:2017年1月12日(木) 18時10分
「世界は戦争に近づいている」米英仏で6割超
画像ID  541351
12日、米国、英国、フランスで6割を超える人々が「世界は戦争に近づいている」と考えていることが分かった。資料写真。
2017年1月12日、米国、英国、フランスで6割を超える人々が「世界は戦争に近づいている」と考えていることが分かった。環球網が伝えた。

英世論調査会社YouGovはこのほど、西側8カ国の約9000人を対象に、世界は戦争と平和のどちらに近づいていると考えているかを尋ねた。

それによると、「戦争に近づいている」と回答した人の割合は米国とフランスがともに64%で、英国は61%だった。一方、「平和に近づいている」は、米国が15%、フランスが18%、英国が19%だった。

YouGovの関係者は、米国人はトランプ次期大統領の政治姿勢の不透明さに、フランス人はテロの脅威にそれぞれ懸念を示していると指摘する。自国で今年、大きなテロ攻撃が発生すると考えている人は、フランスでは81%と高かった。(翻訳・編集/柳川)
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2017/01/13 19:53)

    実質的に国際社会を主導してるようなこの三国で、そういう結果が出てるのに、極右が台頭したり、トランプが選ばれたり、EUから脱退したり・・・ という事は、この三国の内心は「世界は戦争に近づいている(早く戦争したいなあ・・・)」って事でしょ? 戦争したいヤツは、戦争したいヤツだけ集めて戦争してくれ。一般人巻き込むんじゃねえよ。 英米仏だけじゃなく、ロシアも中国もな。 ・・・あれ? これ国連の常任理事国じゃね?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2017/01/12 20:59)

    >米国、英国、フランスで6割を超える人々が「世界は戦争に近づいている」と考えていることが分かった どの国も第二次世界大戦中の戦勝国ではないか。『戦争が起きても、勝利するのは自分たちだ』と考えている証拠である。この中に中国が含まれていないのは、単に調査されなかっただけかもしれないが『まぐれは2度も起きない』と知っているからだろう。中国が実力で勝ったわけではないことは中国人もよくわかっている。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 968***** | (2017/01/12 18:25)

    アメリカは白人減少で国力衰退 欧州は移民増加で混乱増加 ロシアが領土拡張を目論む 中国は周辺諸国へマゥンティングで反発され更に高ぶる 地球は人口膨張で人口調節目的の拝金行為が起こる 日本が高みの見物としゃれ込むにはどうしたら?
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事