コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

ツイッター中華圏トップが退職表明―米メディア

配信日時:2017年1月3日(火) 22時40分
ツイッター中華圏トップが退職表明
画像ID  540186
2日、米ツイッターで中華圏ビジネスを統括していたキャシー・チェン(陳葵)氏がこのほど、自身のツイッターアカウントで、会社から離れることを明らかにした。写真は香港。
2017年1月2日、米ツイッターで中華圏ビジネスを統括していたキャシー・チェン(陳葵)氏がこのほど、自身のツイッターアカウントで、会社から離れることを明らかにした。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)の中国語ニュースサイトが伝えた。

チェン氏は昨年12月31日、「ツイッターのAPAC(アジア太平洋)チームが中華圏の広告主と直接仕事をしている。これは私が会社を辞める時だ」と書き込んだ。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、2009年から中国でブロックされているツイッターは、中国の広告クライアントを増やすためチェン氏を雇用した。だが同氏は過去に中国人民解放軍と関わっていたほかソーシャルメディアの経験に乏しいため、その人事をめぐり懸念の声も聞かれていた。

チェン氏は、ツイッターの香港オフィスは閉鎖されることはないとした上で、ツイッターの中国、香港、台湾の広告主は過去2年間で400%の成長を遂げたと述べている。(翻訳・編集/柳川)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事