サムスンのスマートフォン、飛行中の航空機内で発煙、客室乗務員が消し止める―台湾メディア

配信日時:2016年12月8日(木) 20時20分
サムスンのスマートフォン、飛行中の航空機内で発煙、CAが消す
画像ID  536876
8日、台湾・中央社によると、7日午後7時ごろ、台湾中華航空のパラオ発台北行きの旅客機がフィリピンのマニラ上空を飛行中、乗客が持っていたサムスンのスマートフォンから突然煙が上がり、客室乗務員が消し止めた。
2016年12月8日、台湾・中央社によると、7日午後7時ごろ、台湾中華航空のパラオ発台北行き(CI027便)旅客機がフィリピンのマニラ上空を飛行中、乗客が持っていたサムスンのスマートフォンから突然煙が上がり、客室乗務員が消し止めた。

煙が出たのはサムスンのスマホ「ギャラクシーS6」。同航空の女性客室乗務員は煙を消し止めた後、クーラーボックスに入れて保管したという。乗客や乗員にけがはなく、運航の遅れもなかった。同航空では台湾の航空当局に報告し、原因などを調べている。(翻訳・編集/大宮)
<在宅翻訳者募集>
日本語ネイティブ、中国語ビジネスレベルの在宅ニュース翻訳者(中国語→日本語)を募集しています。履歴書をお送りください。応募はこちら

<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事