アプリで使える乗り捨て可能なレンタサイクル、新スタイルの交通手段として便利なサービスが上海に登場!

配信日時:2016年11月9日(水) 14時30分
アプリで使える乗り捨て可能なレンタサイクル、上海に登場
画像ID  532663
最近、上海のあちこちで見かける「オレンジと白」の自転車。これが今話題のアプリで使えるレンタサイクルサービス「Mobike」だ。アプリをインストールして登録するだけで、周辺の空いている自転車を探し、目的地付近まで自転車で移動できる。
最近、上海のあちこちで見かける「オレンジと白」の自転車。これが今話題のアプリで使えるレンタサイクルサービス「Mobike」だ。アプリをインストールして登録するだけで、周辺の空いている自転車を探し、目的地付近まで自転車で移動できる。

従来の公共自転車サービスは指定の駐輪場から駐輪場までの移動が一般的。指定の駐輪場が目的地から遠かったり、手続きが面倒だったりと、利用率は上がらず、話題にもならなかったが、この「Mobike」は、周辺に放置された?空き自転車があれば、どこからでも使え、どこにでも乗り捨てることができるという便利さで人気急上昇。もちろん駐輪する場所のルールもあるが、目的地近くまでの移動が十分可能なのだ。例えば、バス停や地下鉄を利用する人でも自宅から駅まで歩くには遠いというときに使える。外国人も登録すれば、簡単に使えるので、日本人利用者も多い。

登録も使用もとても簡単。アプリをインストールして実名登録をし、Wechatやアリペイで保証金(299元=約4700円)と使用チャージ料を支払う。使いたいときに、アプリで付近の空き自転車をチェック。空きがあれば予約も可能で、予約は15分間有効だ。ちなみに予約をキャンセルしてもキャンセル料はかからない。自転車のハンドル中央にあるQRコードをスキャンしてロックを外して使用。

返却は目的地到着時に、自転車駐輪エリア(歩道に白で表示がある)に駐輪し、後部車輪の鍵を締めればOK。アプリでも返却完了が確認できる。ルールを守って駐輪すれば、「乗り捨て」ができるというのもこのサービスのポイント。

さらに30分使用で1元(約16円)という安さも魅力。ルール違反防止のため、ポイント制を導入していて、違反をすると減点され、ポイントが一定数以下になると使用料が値上がりするという仕組みを取り入れている。その逆にルール違反を通報するとポイント加算がある。

ユーザーからは、「便利だけど、カゴがない」「サドルの高さが調整できない」「台数が少ない」など不満の声もあるが、最近になり、カゴ付きの「ママチャリ」タイプも登場し、多様なニーズに応えている。使用料は30分0.5元(約8円)。

「アプリで申請、アプリで決済」という今風のスタイルは流行をおう若者ニーズにマッチして快進撃はまだまだ続く。(提供/フライメディア)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、中華圏と日本をつなぐ会社です。 本日御紹介した「アプリで使える乗り捨て可能なレンタサイクル」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<