あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

「アランがいなかったらコンサートはできなかった!」アンディ・ラウ、ステージ上で苦悩を告白―香港

配信日時:2008年1月10日(木) 3時13分
「アランがいなかったらコンサートはできなかった!」アンディ・ラウ、ステージ上で苦悩を告白―香港
画像ID  99090
3日、香港紙によると、香港におけるアンディ・ラウのコンサートに、“大御所”アラン・タムが突如登場し、20年前、アンディに対して歌手をやめるよう説得したエピソードを話した。またコンサート前に心理カウンセラーを受診したとアンディ自ら暴露した。
2008年1月3日、香港紙「明報」によると、香港で行われているアンディ・ラウ(劉徳華)のコンサート14日目、大先輩で友人のアラン・タム(譚詠麟)がステージに姿を現した。アランの登場はアンディには知らされていなかった。

驚くアンディを横目に、アランは観客に向かって「僕らは20年前に“スーパースター、アンディ・ラウ”を失っていたかもしれない」と語り始め、「当時、僕はある人からアンディが歌をやめて映画に専念するよう説得しろって言われてたんだ。アンディが契約してた映画は70作くらいあったからね。でもアンディは納得しないんだよ。仕方ないから、歌手を続けたいなら僕以上に努力しろって言ったんだけど、まさか本当に両立するとはねぇ」と続けた。

その言葉に感動したアンディは、「20年前に限った話じゃないよ。今回のコンサートの前には、予測できないようなファンの行動や様々な報道で、気分的にかなり落ち込んでた。そんな時アランが、僕を心理カウンセラーのところに連れて行ってくれたんだ。何か悩みがあったら友達や周りの人に話してもいいんだってことを彼が教えてくれたから、今僕はこうしてこのステージに立っていられるんだよ」と感慨深げに語った。(翻訳・編集/荒井留衣)
関連記事
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<







/body>