<台湾南部地震>救助現場に入れてもらえない!中国救助隊が怒りの撤退―香港メディア

配信日時:2016年2月13日(土) 18時50分
<台湾南部地震>救助現場に入れてもらえない!中国救助隊が怒りの撤退―香港メディア
画像ID  499725
12日、鳳凰網は記事「台南地震:中国救援隊は排除、日本はVIP扱い」を掲載した。中国本土の救助隊が現地入りしたが、救助活動参加を制限され、やむなく撤退を決めた。写真は台南市のマンション倒壊現場。
2016年2月12日、鳳凰網は記事「台南地震:中国救援隊は排除、日本はVIP扱い」を掲載した。

6日未明に起きた台湾南部地震。台南市ではマンションが倒壊し、13日現在で112人の死亡が確認される惨事となった。救援作業に向かったのが中国本土の非政府組織(NGO)「中華救援隊」だ。旧正月休みにもかかわらず多くの300人近い隊員が台湾に向かったが、現場への立ち入りを制限されるなど救出作業にかかわることができず、11日午後に撤退を決めた。

一方で台湾メディアの報道によると、日本の調査団は現地指揮所で説明を受け、その後の救出作業に参加したという。中国のネットでは「日本はVIP扱いか」などの反発する書き込みもあった。実際には日本が救助隊を送ったという事実はない。日本政府は調査団5人を送り被害状況を把握。局所的な被害のために救助隊の派遣は不要だとして別のかたちでの支援を行うことを決めた。(翻訳・編集/増田聡太郎
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ush***** | (2016/02/14 11:00)

    中国と関係ない。この救援隊は台湾人の組織だった。報告の前、よく調べてほしい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ken***** | (2016/02/13 22:22)

    被災地では現場を熟知して状況を最もよく把握している現地側の指示に従うのが常識。今回300名もの隊員を国家のメンツにかけても送り込んだ意気込みは評価できる。しかし、せっかくの評価されるべき意気込みも「待たされた」とか「日本と差別された」とか不平不満の文句を言って被災している台湾に対して怒ってしまってはだめでしょう。おまけに報道までして、まるで子供!日本の救助隊なら絶対にそんな態度は取らずに待機している間でも状況を把握しながらできる限りのシュミレーションをして、御願いしますって許可がでたら、一気に救助活動に入るだろう。絶対に被災者・国に対し不平不満を言ったり、ましてや非難するなど絶対にありえません。この心がけの差は縮まりようがないかな?こんな災害時に中国って絶望的な国なんだって平然と証明してくれますね。
    このコメントは非表示に設定されています。
    188 2
  • soa***** | (2016/02/13 20:38)

    その事実が台湾と中国のすべてを物語ってる。救助隊が貴重品をさらって帰るとは思わないけど。
    このコメントは非表示に設定されています。

おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事

<







/body>