あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

同性愛者は3000万人!意外と寛容な社会、同性結婚も合法化か?―中国

配信日時:2007年11月15日(木) 11時32分
同性愛者は3000万人!意外と寛容な社会、同性結婚も合法化か?―中国
画像ID  91287
13日、中国社会科学院の研究によると、同性愛者であることが就職に影響するかという問いに、中国人の9割が「No」と答えている。現在3000万人いるとされる国内の同性愛者には朗報だ。資料写真。
2007年11月13日、中国のニュースサイト「中国新聞網」は、国内の同性愛者についての研究報告を伝えた。

中国社会科学院の研究員で性学研究家である李銀河(リー・インホー)女史は、最新の調査で「同性愛者であることが就職に影響するか」との問いに、国民の9割が「影響なし」と答えたと発表。李女史によれば、中国社会は同性愛者に対し、ますます寛容になっているという。同性愛者は20年前には「犯罪者」、10年前には「精神的な病気」というレッテルが貼られていたが、現在では、大多数の国民が同性愛者も異性愛者と同様の権利を得るべきだと考えている。

国内に3000万人いると言われる同性愛者たち。彼らについて研究を続けてきた李女史は、「同性間婚姻の合法化」を提唱している。中国には西洋のように激しい反対勢力は存在せず、国民の理解も広がっているため、将来必ず同性愛者の婚姻や出産(代理母や体外受精)も認められる日が来ると女史は確信している。(翻訳・編集/本郷智子)
関連記事
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事

<







/body>